[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外ゴルフでスタッフに打球直撃 世界1位飛ばし屋の悲劇に心配の声「死んじゃうよ」

男子ゴルフの欧州ツアー・サウジ国際第2日が5日(日本時間6日)、サウジアラビアのロイヤルグリーンズG&CC(7010ヤード、パー70)で行われ、打球がスタッフに直撃するハプニングが起きた。世界ランク1位ダスティン・ジョンソン(米国)が放ったショットの実際の動画を米メディアが「凄まじい速さだったはず」と公開している。

通算8アンダーで2打差の3位につけたダスティン・ジョンソン【写真:Getty Images】
通算8アンダーで2打差の3位につけたダスティン・ジョンソン【写真:Getty Images】

ダスティン・ジョンソン、ドライバーショットの行方がまさか…

 男子ゴルフの欧州ツアー・サウジ国際第2日が5日(日本時間6日)、サウジアラビアのロイヤルグリーンズG&CC(7010ヤード、パー70)で行われ、打球がスタッフに直撃するハプニングが起きた。世界ランク1位ダスティン・ジョンソン(米国)が放ったショットの実際の動画を米メディアが「凄まじい速さだったはず」と公開している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 世界屈指の飛ばし屋からまさかのプレーが飛び出した。10番パー4の第1打。ジョンソンはドライバーを思い切り振り抜くと、ボールはフェアウェー左のラフへ。カメラが行方を追っていたその時だ。背を向けたボランティアスタッフに直撃。その場に倒れ込んだ。コースロープもなく、通常ならラフの位置。ジョンソンは見えていたのか、真剣な表情で見つめている。

 動画を公開した米専門局「ゴルフチャンネル」の公式インスタグラムは「アウチ」と投稿。米ファンからは「大丈夫か?」「ダイレクト?」「死んじゃうよ」「スナイパーだ」「そこに立つべきではない」とコメントが寄せられている。米専門誌「ゴルフダイジェスト」は「ボランティアの無事を祈る」と記事を掲載。こう続けている。

「金曜のサウジ国際のボランティアはその痛みを身をもって学んだ。10番パー4で立っていたこの哀れなボランティアに打球が直撃した。この打球は誰から放たれたものか? ダスティン・ジョンソンである。凄まじい速さだったはずだ。この人のために祈ってほしい」

 記事によると、平均時速177.74マイル(約286キロ)だったという。しかし、ジョンソンはこのホールをバーディー。14番まで終えてサスペンデッドとなり、通算8アンダーで2打差の3位につけている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集