[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【レスリング】栄監督投げ飛ばした金メダル・川井梨紗子、海外でも話題に「2度、技かける」

リオデジャネイロ五輪の女子レスリングで日本は全6階級中4階級で頂点に立ち、レスリング大国の威厳を示した。

20160819_kawai

レスリング女子63キロ級を制した川井

 リオデジャネイロ五輪の女子レスリングで日本は全6階級中4階級で頂点に立ち、レスリング大国の威厳を示した。その中で、海外メディアでは選手が監督に対して取った“ある行動”が話題になっている。

 日本は現地時間17日に女子48キロ級の登坂絵莉(東新住建)、同58キロ級の伊調馨(ALSOK)、同69キロ級の土性沙羅(至学館大)が立て続けの逆転劇で金メダルを獲得。翌18日には伊調と同じく五輪4連覇を狙った同53キロ級の吉田沙保里(フリー)が決勝戦で敗れて銀メダルに終わったものの、直後の同63キロ級では川井梨紗子(至学館大)が金メダルを獲得して意地を見せた。

 この躍進ぶりは英公共放送「BBC」もレポート。「BBC」電子版では「リサコ・カワイが63キロ級制覇で日本レスリングに4つ目の金メダルをもたらす」との見出しで伝え、決勝戦で欧州チャンピオンのマリア・ママシュク(ベラルーシ)に6-0で完勝した様子を報じた。その中で、同選手が試合後、駆け寄った栄和人・至学館大レスリング部監督を2度投げ飛ばしたことにも着目。「彼女は勝利した後、カワイは彼女のコーチであるカズヒト・サカエを肩車する前に、2度ほどレスリングの技をかけるパフォーマンスで勝利を祝った」とレポートした。

 日本レスリング界が誇る名指導者の栄和人監督は、試合後、勝利した選手たちに肩車されたり、投げ飛ばされるのが“恒例”となっている。土性にも肩車された栄監督だが、この日は川井に豪快に投げ飛ばされた。選手たちなりの感謝の気持ちの表れだが、その様子はフランス紙「レキップ」電子版でも動画つきで紹介されるなど、話題を呼んでいる。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集