[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 早くも「冒険始めた」錦織圭 銅メダル獲得の余韻に浸ることなく次の戦いへ

早くも「冒険始めた」錦織圭 銅メダル獲得の余韻に浸ることなく次の戦いへ

リオデジャネイロ五輪男子テニスで銅メダルを獲得した錦織圭と、2大会連続で金メダルを獲得したアンディ・マレーはメダル獲得の余韻に浸ることなく、すでに次の戦いに身を投じている。

20160818_nishikori

3位決定戦から3日後にATPツアーの大会に出場、ストレートでの勝利に「80分で片づけた」

 リオデジャネイロ五輪男子テニスで銅メダルを獲得した錦織圭と、2大会連続で金メダルを獲得したアンディ・マレーはメダル獲得の余韻に浸ることなく、すでに次の戦いに身を投じている。両選手はATPツアーのウェスタン&サザン・オープンの初戦に挑み、ともに勝利した。

 14日(日本時間15日)に男子シングルス3位決定戦と決勝戦が行われたリオ五輪からわずか3日後の17日(同18日)、錦織とマレーはブラジルから米国のシンシナティに渡って2回戦から同大会に出場。五輪出場組ではラファエル・ナダル(スペイン)らも参戦しているが、錦織の戦いについてはATP公式サイトが以下のように報じている。

「シンシナティの第5シードであるニシコリは、ロシアのミハイル・ユージニーに6-3、6-2のストレートで勝利。ATPワールドツアー・マスターズ1000決勝に連続出場するための冒険を始めた。日本人テニスプレーヤーは6つのブレークポイントを奪い、34歳のベテランを80分で片づけた」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー