[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 卓球女子、「最も残酷な幕切れ」からの銅 15歳伊藤は「ライジングスター」

卓球女子、「最も残酷な幕切れ」からの銅 15歳伊藤は「ライジングスター」

リオデジャネイロ五輪の卓球女子団体で銅メダルを獲得した日本。3位決定戦のシンガポール戦で3-1と勝利し、2012年ロンドン大会の銀メダルに続く2大会連続のメダルを手にした。この試合で特に注目を浴びたのは15歳の伊藤だった。

20160817_table_tennis

伊藤、15歳300日でのメダル獲得は卓球史上最年少

 リオデジャネイロ五輪の卓球女子団体で銅メダルを獲得した日本。3位決定戦のシンガポール戦で3-1と勝利し、2012年ロンドン大会の銀メダルに続く2大会連続のメダルを手にした。試合後、石川佳純(全農)が「嬉しいです。最高です。良かったです。メダル取れてよかったです」と涙を浮かべるなど、福原愛(ANA)、伊藤美誠(スターツ)の3選手は大きな喜びに浸った。

 この試合で特に注目を浴びたのは15歳の伊藤だった。福原とダブルスを組んだ第3試合では3-1で勝利。第4試合のシングルスでは世界ランク4位のフェン・ティアンウェイをストレートで下し、日本を銅メダルへと導いた。

 15歳の躍進に国際卓球連盟公式サイトは「ライジングスター 伊藤美誠が銅メダルで新記録達成を続ける」と特集を組んだ。

「(第4試合で戦った)フェンは2010年世界選手権で団体優勝。2012年ロンドン五輪女子シングルスで銅、2015年アジアカップで優勝し、リオ2016では期待を集めていた。だが、伊藤は3-0の勝利で対戦相手を呆然とさせた」と伝え、15歳300日でのメダル獲得は卓球史上最年少の偉業となったとレポート。「伊藤美誠によってまた新たな歴史が打ち立てられた。そして、彼女はまだ15歳。日本のスーパースターは世界の卓球界でどこまで台頭が続くのだろうか」と、その将来に大きな期待を寄せた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー