[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザーに警鐘 体重差22kgのYouTuber戦へ、元4団体統一王者「楽勝と思うと…」

ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏は、来年2月20日(日本時間21日)にローガン・ポール(ともに米国)と対戦する。ボクサーとして輝かしい実績があるとはいえない“お騒がせYouTuber”が相手だが、元世界4団体クルーザー級統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)は警鐘を鳴らしている。英紙「ザ・サン」が報じている。

フロイド・メイウェザー氏【写真:Getty Images】
フロイド・メイウェザー氏【写真:Getty Images】

メイウェザーVSローガン・ポールにウシクが持論

 ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏は、来年2月20日(日本時間21日)にローガン・ポール(ともに米国)と対戦する。ボクサーとして輝かしい実績があるとはいえない“お騒がせYouTuber”が相手だが、元世界4団体クルーザー級統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)は警鐘を鳴らしている。英紙「ザ・サン」が報じている。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 同紙は「フロイド・メイウェザーが金儲けのことだけを考えて戦った場合、ローガン・ポール戦は『危険』だとオレクサンドル・ウシクは語る」の見出しで記事を掲載。さらにこうつづっている。

「この体重差、年齢差のある戦いが行われた時、どちらがより危険かとウシクは『サン・スポーツ』に質問され『メイウェザーが、楽勝だと思ってリラックスしながら戦っていたら、それは危ない』と答えた」

 43歳で身長173センチのメイウェザーに対し、25歳のポールは188センチ。海外メディアによると、メイウェザーは2017年のコナー・マクレガー戦で149.5ポンド(約67.8キロ)、ポールが昨年ボクシングのリングに上がった際は199.4ポンド(約90.4キロ)だったという。互いに当時から時間が経っているが、これだけを見れば22.6キロ差になる。

 プロボクシング50戦全勝のメイウェザーでも楽観視してエキシビションに臨んでしまった場合、危険があるとウシクは警鐘を鳴らしているようだ。さらに記事ではウシクが「メイウェザーは試合終盤まで落ち着いて戦うべきだ。少し危険な可能性がある」と助言している。

 ポールはYouTubeで登録者数2200万人を誇る有名人。多額のファイトマネーが見込まれるため、ウシクは「でも、たくさんお金を稼げるんだろう? ならやるべきだ。稼ぐにはもってこいの試合だ」と太鼓判を押しているようだ。メイウェザーは来年2月28日の格闘技イベント「MEGA2021」で東京ドームのリングに上がることが発表されている。異例の試合をどう乗り越えるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集