[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ハリルJは“混戦H組から下剋上”なるか 海外から期待の声「強国の棘のような存在」

ハリルJは“混戦H組から下剋上”なるか 海外から期待の声「強国の棘のような存在」

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の組み合わせが1日(日本時間2日)、決まった。日本代表はポーランド、セネガル、コロンビアとともにH組となった。米スポーツ専門メディア「SBネーション」は、日本を「強国にとっての棘のような存在」と分析した上で「W杯で大きなインパクトを残す舞台が整った」と“下剋上”に期待。キープレーヤーに香川真司(ドルトムント)を選出している。

混戦模様のH組、海外メディアはハリル監督の手腕に期待、キープレーヤーは“あの男”

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の組み合わせが1日(日本時間2日)、決まった。日本代表はポーランド、セネガル、コロンビアとともにH組となった。米スポーツ専門メディア「SBネーション」は、日本を「強国にとっての棘のような存在」と分析した上で「W杯で大きなインパクトを残す舞台が整った」と“下剋上”に期待。キープレーヤーに香川真司(ドルトムント)を選出している。

 世界ランク55位でポット4だった日本は、7位ポーランド、13位コロンビア、23位セネガルと同組。混戦が予想されるH組について、記事では「長きに渡りアジアの頂に立つ一角である日本にとって、ナショナルチームとして次なるステップを踏み、W杯で大きなインパクトを残す舞台が整った」と言及し、過去に日本が8強以上に進んだことがないことを紹介している。

 日本チームについては「強豪国相手に数多くの魅力あふれる才能を創出してきており、強いチームにとっての棘のような存在であり続けている」と言及しながら「それにも関わらず、これまでの監督は最終的に真のポテンシャルを引き出すには至っていないように見える」と記し、歴代監督が能力を100%発揮させられなかったと指摘している。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー