[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「16秒後の衝撃」― 23メートルの“遅~い”ミラクルパットに米騒然「超一流だ!」

「16秒後の衝撃」― 23メートルの“遅~い”ミラクルパットに米騒然「超一流だ!」

米男子ゴルフで約23メートルの距離からイーグルパットを決めた選手が出現した。打ってから実に16秒後に入るというミラクルのシーンを、PGAツアー公式ツイッターは「なんてパットだ」と動画付きで紹介。映像を見たファンから「グレートショット」「超一流だ!!」「偉大すぎるパット」と絶賛の声が上がっている。

ウッズ復帰戦で24歳バーガーが16秒かかる超ロングパットのイーグル炸裂「なんてパットだ」

 米男子ゴルフで約23メートルの距離からイーグルパットを決めた選手が出現した。打ってから実に16秒後に入るというミラクルのシーンを、PGAツアー公式ツイッターは「なんてパットだ」と動画付きで紹介。映像を見たファンから「グレートショット」「超一流だ!!」「偉大すぎるパット」と絶賛の声が上がっている。

 なぜ、こんな距離から入れることができるのか。仰天のパットを決めたのは、ダニエル・バーガー(米国)だ。

 30日(日本時間1日)に行われたヒーローワールドチャレンジ初日。340ヤードの7番パー4。バーガーはティーショットでグリーン手前2メートルの位置まで飛ばした。しかし、極端に縦に長いグリーンで、ピンまでおよそ23メートルの距離が残っていた。それでも、24歳はパットを手に取って距離を見定め、慎重に、かつ、しっかりと振った。

 放たれたボールはゆっくりと上り、そこから下っていく。決して勢いは強くないが、着実にピンの方向へ。20メートル、10メートル……距離がどんどん縮まっていっても、ラインから逸れない。ピン手前1メートルには先に打った選手のボールが止まっていた。しかし、それもすり抜けるようにして一直線。まさか――。息をのんだ次の瞬間、ボールはカップにキレイに消えた。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー