[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「初々しいニシコリ」― “あの日”の名勝負に米脚光「この試合でケイのファンに…」

「初々しいニシコリ」― “あの日”の名勝負に米脚光「この試合でケイのファンに…」

男子テニスの世界ランク22位・錦織圭(日清食品)は今季こそ故障に苦しみ、ツアー未勝利に終わったが、世界ランク最高は4位を経験。アジア人初の四大大会制覇の期待を背負い続けている。そんな錦織が9年前に演じた“あの名勝負”を全米オープン大会公式ツイッターが脚光を当て、動画付きで「初々しいニシコリ…」と紹介すると、ファンから「ベストマッチ」「最高の思い出」「この試合でケイのファンになった」と声が漏れている。

全米OPが09年のフェレール戦に脚光…「初々しいニシコリ」に海外ファンも興奮

 男子テニスの世界ランク22位・錦織圭(日清食品)は今季こそ故障に苦しみ、ツアー未勝利に終わったが、世界ランク最高は4位を経験。アジア人初の四大大会制覇の期待を背負い続けている。そんな錦織が9年前に演じた“あの名勝負”を全米オープン大会公式ツイッターが脚光を当て、動画付きで「初々しいニシコリ…」と紹介すると、ファンから「ベストマッチ」「最高の思い出」「この試合でケイのファンになった」と声が漏れている。

 あの頃、錦織は若かった。しかし、9年前の興奮が甦ってくるようだ。紹介された“名勝負”は、08年の全米オープン、3回戦のダビド・フェレール(スペイン)戦だった。

 相手は当時世界ランク4位の強豪。第1セットを奪い、2-1で迎えた第4ゲームだった。錦織はセンターに強烈なサーブを放つと、フェレールは辛うじてリターンするのが精いっぱい。そして、チャンスボールに前進した次の瞬間だった。勢い良く飛び上がった右手一本で強烈なフォアハンドを繰り出し、反応しれなかったフェレールから圧巻のポイントを奪ってみせた。

 錦織は当時18歳。まだ定着していなかった「エア・ケイ」を鮮やかに炸裂させ、会場は喝采に包まれた。まだあどけなさがどこか残る顔を伝った汗をぬぐい、小さくガッツポーズを決めた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー