[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “契約切れ”の12月突入も… 「松坂世代」でいまだ去就が決まらない大物たち

“契約切れ”の12月突入も… 「松坂世代」でいまだ去就が決まらない大物たち

12月に入り、暦は師走を迎えた。プロ野球界では今オフ、「松坂世代」の大物に戦力外、自由契約が相次ぎ、話題を呼んでいる。選手契約期間は2月1日から11月30日と定められており、11月いっぱいをもって前所属球団との契約が正式に切れたが、いまだに来季契約が決まっていない選手もいる。大物がズラリと並ぶ、名前をまとめてみたい。

手を差し伸べる球団は? 松坂、村田、久保ら…注目の“未決定組”の「松坂世代」

 12月に入り、暦は師走を迎えた。プロ野球界では今オフ、「松坂世代」の大物に戦力外、自由契約が相次ぎ、話題を呼んでいる。選手契約期間は2月1日から11月30日と定められており、11月いっぱいをもって前所属球団との契約が正式に切れたが、いまだに来季契約が決まっていない選手もいる。大物がズラリと並ぶ、名前をまとめてみたい。

「松坂世代」と名のついた前ソフトバンク・松坂大輔投手が筆頭だ。15年に9年ぶりに日本球界に復帰。3年12億円の大型契約で背番号18が用意され、大きな注目を集めたが、度重なる故障に苦しんだ。1軍登板は昨年10月2日の楽天戦のみ。3年間通算で1試合、1回、3安打、4四死球、5失点(自責2)で防御率18.00。日米164勝の右腕は、新天地で復活を目指している。

 打の大物では、前巨人・村田修一内野手だろう。2度の本塁打王の看板を引っ提げ、横浜(現DeNA)から入団した巨人でも4番に座り、リーグ3連覇に牽引。今季は代打中心の出場ながら、118試合で打率.262、14本塁打、58打点と勝負強さは健在だったが、若返り方針のチームから退団となった。あと135本に迫る通算2000安打の偉業は達成なるか、動向に注目が集まる。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー