[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日大、涙の甲子園ボウル 選手たちが騒動時の苦しみ吐露「絶望で何もできなかった」

アメリカンフットボールの関東大学1部上位リーグ(L)「TOP8」は29日、都内のアミノバイタルフィールドで優勝決定戦が行われ、悪質反則問題から復帰した日大が桜美林大を38-14で下し、3年ぶり35度目の甲子園ボウル(12月13日、甲子園球場)出場を決めた。甲子園ボウルでは関学大と対戦。選手たちは過去の騒動時の苦しかった胸の内を明かした。

日大QBの林大希【写真:荒川祐史】
日大QBの林大希【写真:荒川祐史】

日大選手たちが告白「皆さんが想像できないくらい僕らはつらかった」

 アメリカンフットボールの関東大学1部上位リーグ(L)「TOP8」は29日、都内のアミノバイタルフィールドで優勝決定戦が行われ、悪質反則問題から復帰した日大が桜美林大を38-14で下し、3年ぶり35度目の甲子園ボウル(12月13日、甲子園球場)出場を決めた。甲子園ボウルでは関学大と対戦。選手たちは過去の騒動時の苦しかった胸の内を明かした。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 日大が甲子園ボウルに帰ってくる。序盤のシーソーゲームから第3クオーターに突き放した。第2Q残り37秒にRB川上理宇(4年)が相手タックルを受けながら逆転タッチダウン(TD)。試合終了後に歓喜の輪ができあがった。この日3TDの川上は心境を語った。

「4年間ずっと甲子園ボウルに行くつもりだった。全員を連れて行く気持ち。タックル事件の時は絶望で何もできなかった時もあったけど、ある意味絶望と仲良くなった。事件を経験して以降の数年間がすごく僕らを強くしてくれた。あの事件に比べたら……というのがある。帰って来られる確証はなかったけど、取り組みが全て繋がると思っていた」

 2018年5月の関学大との定期戦で、当時3年生のディフェンスライン選手による悪質タックルが起きた。当時の監督とコーチは関東学生アメフト連盟から除名処分を下され、チームも同年度の公式戦出場停止処分に。試合ができない中、立命大OBの橋詰功氏が新監督に就任した。出場停止処分が明けた昨年度は1部下位L「BIG8」を戦い、2年ぶりに1部上位L復帰を決めていた。

 エースQBの林大希は試合途中に負傷交代。それでもチームメイトが奮闘し「本当に皆さんが想像できないくらい僕らはつらかった。橋詰さんがいたから4年生はここまでやって来られた」と涙。昨年度の4年生は1部上位Lで戦えず、甲子園ボウルへの挑戦権すらなかった。「去年の4年生はゼロから始める姿を見せてくれた。その分も背負って僕らが一番にならないといけない」と闘志を燃やした。

 今季は新型コロナウイルスの影響で全日本大学選手権が中止に。同選手権決勝として行われてきた甲子園ボウルは関東と関西の代表が激突する。関西代表は、28日に立命大を破った関学大が5年連続54度目の出場。日大と関学大が甲子園ボウルで対戦するのは、3年ぶり30度目となるライバル対決だ。3年前の2017年は日大が関東勢の連敗を10で止め、同校27年ぶり21度目の優勝を果たした。今年は関学大の3連覇がかかっている。

 林は「3年間、苦しかったけど、『全員フットボール』を関学さんに見せつけたい。みんなでとにかくフットボールがしたい」と甲子園ボウルを見据えた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集