[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アーモンドアイの「引退が惜しい」 有終の美にネット感動「こんな馬もう出ない…」

競馬のG1ジャパンカップ(東京・芝2400メートル)は29日、クリストフ・ルメール騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝)がコントレイル、デアリングタクトの牡牝の無敗の3冠馬を封じ込め優勝。史上初めて3冠馬3頭が揃う“世紀の一戦”を制し、有終の美を飾った。

アーモンドアイを完璧に導いたルメール【写真:Getty Images】
アーモンドアイを完璧に導いたルメール【写真:Getty Images】

“世紀の一戦”でライバル寄せ付けず、G1・9勝目

 競馬のG1ジャパンカップ(東京・芝2400メートル)は29日、クリストフ・ルメール騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝)がコントレイル、デアリングタクトの牡牝の無敗の3冠馬を封じ込めて優勝。史上初めて3冠馬3頭が揃う“世紀の一戦”を制し、有終の美を飾った。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 もうレースを見られないのが残念でならない。2番枠から前目につけたアーモンドアイ。好位でレースを進めて直線へ。大逃げを打ったキセキはまだはるか前だ。手綱を取るルメールはじわじわと芝コンディションのいい外へと進路を切り替えた。

 馬場の中ほどに持ち出すと、前を飲み込んでいく。残り150メートルで一気に先頭に立ち、外から追い込んできたコントレイルの追撃を封じ込めた。ルメールはガッツポーズし、さらに投げキッス。アーモンドアイの頭をポンポンと叩き、愛馬を労った。

 競馬史に残る一戦を制した女傑。最後の雄姿にネット上のファンからは「素晴らしいの一言」「最高のレースをありがとう」「引退が惜しい」「こんな馬もう出ないのでは…」「ルメールの騎乗も完璧」「馬券外しても納得のレースってあります?」などと絶賛の声が相次いでいた。

 この一戦を最後に繁殖入りするアーモンドアイ。G1・9勝目で優勝賞金3億円を獲得し、歴代の総獲得賞金でも1位に浮上した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集