[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソン戦前座で衝撃KO 米YouTuberの“魅せる一撃”に反響「メインより良かった」

ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏は28日(日本時間29日)、米ロサンゼルスのステープルズセンターで元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr.氏(ともに米国)とエキシビションマッチで激突。大きな話題を呼んだが、アンダーカードでも異色の注目マッチが行われた。人気YouTuberのジェイク・ポールが元NBAプレーヤーのネイト・ロビンソン(ともに米国)に2回1分35秒KO勝ち。強烈な右フックで相手を卒倒させるシーンを米メディアが公開。反響を呼んでいる。

衝撃KOが反響を呼んでいるYouTuberのジェイク・ポール【写真:AP】
衝撃KOが反響を呼んでいるYouTuberのジェイク・ポール【写真:AP】

人気YouTuberのジェイク・ポールが異色マッチに勝利

 ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏は28日(日本時間29日)、米ロサンゼルスのステープルズセンターで元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr.氏(ともに米国)とエキシビションマッチで激突。大きな話題を呼んだが、アンダーカードでも異色の注目マッチが行われた。人気YouTuberのジェイク・ポールが元NBAプレーヤーのネイト・ロビンソン(ともに米国)に2回1分35秒KO勝ち。強烈な右フックで相手を卒倒させるシーンを米メディアが公開。反響を呼んでいる。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 本当に強いのか。23歳のポールが、異業種対決で勝利した。2回、豪快なオーバーハンドでダウンを奪うと、一度は立ち上がってきた相手をもう一度沈めた。一気にコーナーに詰めると、突っ込んできたロビンソンに対して右フックを直撃させた。電池が切れた人形のように、硬直したまま前のめりに倒れたロビンソンはピクリとも動かない。レフェリーが試合を即座にストップした。

 タイソン戦のセミファイナルで生まれた衝撃的なKOシーンを、米メディア「バーストゥール・スポーツ」の格闘技専門ツイッター「スピニンバックフィスト」が公開。これに米ファンからは「2回のKOで脳にダメージを受ける前、初回のKOで試合を止めるべきだった」「残念ながら、この試合の方がメインマッチより良かった」「こりゃ大変」「インターネット史上最高の瞬間」「飴玉をめぐる6歳児のケンカを思い起こさせるね」などと様々な反響が集まっている。

 登録者数2000万人を誇る人気YouTuberの顔も持つポールは、昨年12月のデビュー戦に続いて2連勝。一方のロビンソンはデビュー戦だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集