[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソン、復帰戦ドロー決着に米反応は? 「なんで?」「みんな勝利と知っている」

ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏は28日(日本時間29日)、米ロサンゼルスのステープルズセンターで元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr.氏(ともに米国)とエキシビションマッチを行った。2005年6月11日以来、5649日ぶりのリング復帰を飾り、結果は引き分けだった。

エキシビションマッチを行ったマイク・タイソン氏(右)とロイ・ジョーンズJr.氏(左)【写真:Getty Images】
エキシビションマッチを行ったマイク・タイソン氏(右)とロイ・ジョーンズJr.氏(左)【写真:Getty Images】

米ESPNがアンケート「あなたはどう見た?」

 ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏は28日(日本時間29日)、米ロサンゼルスのステープルズセンターで元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr.氏(ともに米国)とエキシビションマッチを行った。2005年6月11日以来、5649日ぶりのリング復帰を飾り、結果は引き分けだった。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 54歳のタイソンがジョーンズJr.を圧倒した。現役時代を彷彿とさせる黒のトランクスで序盤から積極的にプレッシャーをかける。ウィービングしながら距離を詰めて豊富な手数を繰り出していく。2回以降もタイソンは積極的に踏み込み、緊迫感のある攻防が続く。

 タイソンは時折鋭いボディーブローを放つが、あからさまに嫌がるジョーンズJr.がクリンチに逃げる展開が続く。ジョーンズJr.の攻撃が単発な一方で、タイソンは54歳とは思えないほど、終盤まで動きが落ちない。最後まで攻勢の手を緩めることなかった。内容は圧倒していたが、参考としてWBCが認定した元王者3人によるリモート採点の結果、ドローだった。

 エキシビションだけに勝敗は大きなウエートを占めているわけではないが、米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」公式ツイッターは「WBCはタイソン対ジョーンズに引き分けの判定。あなたはどう見た?」と記して米ファンにアンケートを募ると、多数の反響が集まっている。

「8-0でタイソン」
「いつだってタイソンだ」
「80-72でタイソン。それか79-73かな」
「間違いなくタイソンの勝利」
「ジョーンズがラウンド取ったの見ていない」
「タイソン勝利とみんな知っている」
「なんで引き分け? ジャッジの1人がジョーンズ優勢にしたってことだな。狂ってる」
「どのラウンドもタイソンが勝ってた」
「試合を通じてタイソンが圧倒していた」

 ポイントをつけるならタイソンが圧倒的という声がほとんどだった。とはいえ、タイソン自身は試合後のインタビューで「引き分けでもいいよ。みんなが喜んでくれたのならそれでいい」と意に介していない様子だった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集