[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳古江彩佳、3打差独走で2週連続V「凄く嬉しい」 4勝目到達は史上3番目の年少記録

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスオープン最終日は22日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)にて無観客で行われた。首位で出た20歳古江彩佳(フリー)が4バーディー、2ボギーの69で回り、通算15アンダーで2週連続優勝。アマ時代を含め通算4勝目を挙げた。20歳179日での4勝目は宮里藍、畑岡奈紗に次ぐ史上3番目の年少記録だ。

20歳179日での4勝目を挙げた古江彩佳【写真:Getty Images】
20歳179日での4勝目を挙げた古江彩佳【写真:Getty Images】

20歳179日での4勝目は宮里藍らに次ぐ史上3番目の年少記録

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスオープン最終日は22日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)にて無観客で行われた。首位で出た20歳古江彩佳(フリー)が4バーディー、2ボギーの69で回り、通算15アンダーで2週連続優勝。アマ時代を含め通算4勝目を挙げた。20歳179日での4勝目は宮里藍、畑岡奈紗に次ぐ史上3番目の年少記録だ。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 2打差の首位で出た古江が独走Vを飾った。前半でスコアを2つ伸ばしリードを広げると、後半もパープレーで危なげなく逃げ切り。2週連続Vを飾った。ホールアウト後のリモート会見では「嬉しいです。2週連続Vは凄く嬉しいです」と笑顔を輝かせた。

 追われる立場で迎えた最終日。だが迫られるどころか逆に前半から突き放した。「楽しんで、その場をどう集中するかだけ考えてました。優勝は嬉しいですが、最後はボギーがカッコ悪いなと。でも優勝できて嬉しいという感じです」と振り返った。

 今季3勝目と絶好調だ。「試合をずっとできているのは、ゴルフの調子も凄く調整しやすい」と言い、自身の長所を聞かれると「安定性は武器としていいのかなと、結果ですけどボギーも少ないところが強みなのかなと」と分析している。

 さらに「ショットがちゃんとオンしてくれたりするからパーセーブできやすいのですが、オフにグリーン周りの練習をしたこともパーを拾えている要因かなと。今季の途中くらいからランニング(アプローチ)もするようにしたり、色々なバリエーションができました」とグリーン周りでの安定感の向上も実感している。

 次週は2020年の国内ツアー最終戦、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ。3週連続優勝もかかるが「(意識は)全くない。最終戦なので、楽しんで、全部が経験だと思って、一打一打集中してできればいいです」と自然体だった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集