[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マロニー兄が参戦、無効試合にSNSで“猛反発” 拡散した識者の声「再戦を組むべき」

ボクシングの前WBA世界スーパーフライ級正規王者アンドリュー・マロニー(オーストラリア)は14日(日本時間15日)、同級タイトルマッチで王者ジョシュア・フランコ(米国)に挑戦したが、相手の負傷により無効試合となった。6月に判定負けし、王座奪取を許した相手とのダイレクトリマッチ。フランコの右目付近の負傷により、20分以上の長い映像判定が行われた末に偶然のバッティングと判断された。マロニーの双子の兄ジェイソンは、判定が間違いだと支持するツイッター上の投稿に「いいね!」を連発。不服を猛アピールしている。

アンドリュー・マロニー(右)と兄のジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】
アンドリュー・マロニー(右)と兄のジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】

フランコ戦は偶然のバッティングと判断されて無効試合に

 ボクシングの前WBA世界スーパーフライ級正規王者アンドリュー・マロニー(オーストラリア)は14日(日本時間15日)、同級タイトルマッチで王者ジョシュア・フランコ(米国)に挑戦したが、相手の負傷により無効試合となった。6月に判定負けし、王座奪取を許した相手とのダイレクトリマッチ。フランコの右目付近の負傷により、20分以上の長い映像判定が行われた末に偶然のバッティングと判断された。マロニーの双子の兄ジェイソンは、判定が間違いだと支持するツイッター上の投稿に「いいね!」を連発。不服を猛アピールしている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 兄も嘆く試合で、アクシデントが起きたのは初回だった。フランコが右目付近を負傷。ラウンド途中から顔が腫れあがり、視界がふさがれる状況となった。弟アンドリューが手数を増やす中、2回途中にはドクターチェックで中断。3回途中に再び中断され、ドクターがフランコの視野を確認した末に続行できないと判断されて試合終了となった。

 偶然のバッティングなら決着がつかず、有効打ならマロニーの勝利という状況。20分を超えるビデオ判定が行われたが、結局は偶然のバッティングで無効試合とアナウンスされた。これに兄のジェイソンは自身のツイッターで、判定に批判的な海外識者らの意見に多数「いいね!」を付け、不満をアピールしている。

 まずは米放送局「FOXスポーツ」でUFCの解説員を務めた経験もあるジョー・ローガン氏。ツイッターの文面では「神はこの男(アンドリュー)のポイントを奪った。指折りの最悪のコール。この判定に何の意味があるのか?」と無効試合判定を批判している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集