[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ミニメイウェザーだ」 7歳天才少年の“パンチ回避能力”に米驚愕「未来のPFP1位」

元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)を彷彿とさせる7歳のボクシング少年が脚光を浴びている。米メディアがインスタグラムに動画を公開。卓越したディフェンス技術などでパンチを回避する姿に、米ファンから「ミニメイウェザーだ」「未来のPFPキング」と驚きの声が上がっている。

ガーナの7歳ボクシング少年が脚光を浴びている(画像は「ESPNリングサイド」の公式インスタグラムより)
ガーナの7歳ボクシング少年が脚光を浴びている(画像は「ESPNリングサイド」の公式インスタグラムより)

ガーナの7歳ボクシング少年、キレキレの動きに米ファン「ほぼメイウェザー」

 元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)を彷彿とさせる7歳のボクシング少年が脚光を浴びている。米メディアがインスタグラムに動画を公開。卓越したディフェンス技術などでパンチを回避する姿に、米ファンから「ミニメイウェザーだ」「未来のPFPキング」と驚きの声が上がっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 完全に見切っている。リング上で2人の少年が対峙しているが、注目はヘッドギアをつけていない選手だ。相手のジャブをバックステップで華麗にかわすと、距離が詰まったところでワンツー。続けて左腕をだらりと下げ、頭を少し突き出すように相手の動きを見つめた。小刻みにステップを踏みながら、ジャブ、フック、ボディーと左を巧みに駆使している。

 2、3本目の動画でも自分より身長の高い相手に対し、ガードを固めながらタイミングよくパンチを返した。L字ガードも披露。動画を公開した米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」の公式インスタグラムは「プリンス・ラルビは7歳だが、動きはプロのようだ」と投稿した。

 少年の正体は、ガーナの首都・アクラ出身で7歳のラルビ君。「ザ・バズ(蜂などがぶんぶん飛ぶ)」の愛称で海外メディアに多数特集されて話題になったことのある天才少年だ。投稿には米ファンから「ミニメイウェザーだ」「彼はメイウェザーのようだ」「ほぼメイウェザー」「彼ならライアン・ガルシアを倒せる」「ヘッドギアはいらないの?」「尊敬しちゃう」「可愛いけど怖い」「未来のPFPキング」と称賛のコメントが集まっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集