[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

クロフォードの「異次元」パンチを捉えた 迫力スロー映像に米衝撃「クレイジーだ」

ボクシングのWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が14日(日本時間15日)、米ラスベガスで元IBF同級王者ケル・ブルック(英国)に4回途中TKO勝ちし、4度目の防衛に成功した。ダウンを奪った圧巻のカウンターのスローモーション動画を米興行大手・トップランク社が公開。決定的瞬間に、現地ファンからは「破壊的なショットだ」「異次元」などと反響が寄せられている。

ケル・ブルックにTKO勝ちしたテレンス・クロフォード【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images.】
ケル・ブルックにTKO勝ちしたテレンス・クロフォード【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images.】

ブルックに4回TKO勝ち、スロー映像にファン「全てが精確だ」

 ボクシングのWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が14日(日本時間15日)、米ラスベガスで元IBF同級王者ケル・ブルック(英国)に4回途中TKO勝ちし、4度目の防衛に成功した。ダウンを奪った圧巻のカウンターのスローモーション動画を米興行大手・トップランク社が公開。決定的瞬間に、現地ファンからは「破壊的なショットだ」「異次元」などと反響が寄せられている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 相手に「見えなかった」と言わしめた一撃が、はっきりと映し出されている。画面に映ったブルックがパンチを打った、次の瞬間だ。対峙していたクロフォードが繰り出したカウンターの右がまともに鼻のあたりに炸裂。頭部を大きく揺さぶられ、汗が飛び散ったブルックはよろよろとロープ際へ。スロー映像だからこそしっかり見えた一撃で、クロフォードはダウンを奪った。

 実際の動画を、トップランク社公式インスタグラムが公開。2本目には、TKOが決まった瞬間のスロー映像も投稿されている。文面では「右の一撃がすべてを変えた。そしてバドが終わらせた。試合を終わらせた一発のこのスローモーションはクレイジーだ」と称賛。米ファンからも多数の反響が寄せられている。

「最高のレベルで試合を変えるようなパンチは、そうそう見られない」
「ヤバいな。終盤に打ったすべてのショットが精確だ」
「クロフォードのパンチは異次元」
「クロフォードがパンチを当てるまではみんな計画がある」
「誰もクロフォードと対戦したくない! その理由は明らか」
「破壊的なショットだ」
「冷静だ」
「ファンタスティック」

 クロフォードは18年6月にWBO世界ウェルター級王座に就き、11か月ぶりのリングで4度目の防衛となった。試合後、米メディアに対して敗れたブルックが「自分は明らかに見えなかったパンチを食らった」などと語った高速の一撃に、現地ファンも興奮の声を上げていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集