[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の標的WBCに急展開 王者ウーバーリがコロナ感染、ドネア次戦は暫定王座戦へ

ボクシングのWBC世界バンタム級王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)が13日(日本時間14日)、新型コロナウイルスに感染していたことが明らかとなった。12月12日(同13日)に米コネチカット州アンカスビルで元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)を指名挑戦者として迎え撃つ予定だったが、ビザ問題で渡米ができなくなったと報じられていたばかり。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

ノニト・ドネア(左)とノルディ・ウーバーリ【写真:浜田洋平】
ノニト・ドネア(左)とノルディ・ウーバーリ【写真:浜田洋平】

どうなるバンタム級戦線、ウーバーリは休養王者になると陣営説明

 ボクシングのWBC世界バンタム級王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)が13日(日本時間14日)、新型コロナウイルスに感染していたことが明らかとなった。12月12日(同13日)に米コネチカット州アンカスビルで元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)を指名挑戦者として迎え撃つ予定だったが、ビザ問題で渡米ができなくなったと報じられていたばかり。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 12月のWBC世界バンタム級タイトルマッチ中止は、ウーバーリのビザ問題ではなくコロナ感染が理由だった。同メディアは「ウーバーリが新型コロナによりドネア戦アウトとアドバイザーが語る」の見出しで記事を掲載。「ノルディ・ウーバーリが、ビザの問題でフランスから米国へ渡れないためではなく、新型コロナ感染が原因で、ノニト・ドネアとのバンタム級世界タイトル防衛戦が中止に」と続けている。

 12日(同13日)には、ウーバーリがビザ問題で渡米できないため、ドネアは12月19日(同20日)に前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦すると報じられた。記事では、ウーバーリが契約するプロモート会社・MTKグローバルのボブ・ヤレンCEOの言葉を紹介。13日(同14日)にこう語ったという。

「ウーバーリは新型コロナ陽性だ。それが原因で試合に出られない。ビザは関係ない。これはボクサーの健康と安全のためだ。彼はウイルスに感染しており、ここ2週間ほど効果的にトレーニングができていなかった。ノルディは試合を非常に楽しみにしていた。本当に気合が入っていたんだ」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集