[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 樋口新葉、自身初のGPファイナル出場決定 “驚き”のツイート「Omg」

樋口新葉、自身初のGPファイナル出場決定 “驚き”のツイート「Omg」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・スケートアメリカは26日(日本時間27日)、女子フリーで宮原知子(関大)が合計214.03点で優勝。GPファイナル最後の出場枠を争っていたポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)は195.56点で4位、アシュリー・ワグナー(米国)は途中棄権したため、樋口新葉(日本橋女学館高)のシニアとして初となる出場が決まった。

スケートアメリカは宮原が優勝…ツルスカヤ4位とワグナー棄権で樋口がファイナルへ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・スケートアメリカは26日(日本時間27日)、女子フリーで宮原知子(関大)が合計214.03点で優勝。GPファイナル最後の出場枠を争っていたポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)は195.56点で4位、アシュリー・ワグナー(米国)は途中棄権したため、樋口新葉(日本橋女学館高)のシニアとして初となる出場が決まった。

 前日のSPで首位に立った宮原は、冒頭の3回転ジャンプに成功。後半のジャンプ4本も全て決め、ステップなど技術面などでも高い評価を得て、フリー143.31点、合計214.03点で優勝を果たした。GPシリーズでの優勝は15年のNHK杯以来、自身2勝目となった。

 今大会では、ツルスカヤとワグナーがGPファイナル出場を懸けて臨んでいた。しかし、16歳のツルスカヤはフリーでも得点が伸びず、最低条件の2位以上をクリアできずに4位。ワグナーも医療的な理由で演技途中に棄権し、GPシリーズ上位6人が出場できるファイナル最後の枠に樋口が滑り込んだ。日本女子勢のファイナル出場は17年連続となった。

 樋口は27日午前に自身のツイッターを更新。一言「Omg」(Oh My God!! の略。原文ママ)とつづり、驚きの想いを表現した。シニア2年目で自身初のGPファイナル出場。大舞台での華麗な演技に期待が集まる。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー