[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュCY賞なるか MLBが直前評価、競うバウアー&デグロムを上回る指標とは?

米大リーグ、サイ・ヤング賞の受賞者が11日(日本時間12日)に発表される。日本人投手ではナ・リーグでダルビッシュ有投手(カブス)、ア・リーグで前田健太投手(ツインズ)が最終候補に名を連ねているが、発表前日にMLBは公式サイトで今季の評価を掲載。ダルビッシュと前田についてもそれぞれ寸評をつけている。

カブスのダルビッシュ有【写真:AP】
カブスのダルビッシュ有【写真:AP】

日本人投手ではダルビッシュと前田健太が最終候補入り

 米大リーグ、サイ・ヤング賞の受賞者が11日(日本時間12日)に発表される。日本人投手ではナ・リーグでダルビッシュ有投手(カブス)、ア・リーグで前田健太投手(ツインズ)が最終候補に名を連ねているが、発表前日にMLBは公式サイトで今季の評価を掲載。ダルビッシュと前田についてもそれぞれ寸評をつけている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 MLBは10日(同11日)、「サイ・ヤング賞ファイナリストたちの、それぞれの状況」と見出しを打った記事を公式サイトに掲載。各リーグ3名、計6名の最終候補者の今季について振り返っている。

 ダルビッシュはMLBで日本人初の最多勝となる8勝(3敗)、リーグ2位の防御率2.01、同4位の奪三振93をマーク。記事では2019年後半から「彼のエースとしてのレベルが上がった」としている。

 昨季後半から、今季終了までの通算成績は157回2/3を投げて防御率2.40、奪三振211、与四球21。MLBは「奪三振率から与四球率を引いた数字は31.2%になるが、これはリーグ1位、メジャー全体では2位の数字である」と注目している。

 今季に限定しても「1つの四球を出すまでの奪三振の割合は6.64で、バウアーの5.88やデグロムの5.78を上回る」とライバルを上回る数値を誇っていると紹介。昨季途中から素晴らしい投球をしているが、「しかしサイ・ヤング賞は2シーズンの成績ではなく、1シーズンのみの数字を考慮した賞なのである」ともつづっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集