[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子は30位 ボギーなしも伸ばせず「めっちゃ悔しい。何回繰り返すんだろう」

女子ゴルフの国内ツアー・TOTOジャパンクラシックは8日、茨城・太平洋C美野里C(6554ヤード、パー72)で最終日が行われた。28位で出た渋野日向子(サントリー)は2バーディー、ボギーなしの70。通算6アンダーの30位で大会を終えた。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

TOTOジャパンクラシック最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・TOTOジャパンクラシックは8日、茨城・太平洋C美野里C(6554ヤード、パー72)で最終日が行われた。28位で出た渋野日向子(サントリー)は2バーディー、ボギーなしの70。通算6アンダーの30位で大会を終えた。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 6、9番でバーディーを奪ったが、その後はパープレー。「めっちゃ悔しいです。後半全てパーオンしてバーディーチャンスが何回あったの? というぐらいあった中で1つも決められなかったので」とコメント。「最後のパットも打ちきれていないですし、本当に情けないです。何回繰り返すんだろうという感じです」と納得はいかなかったようだ。

 ただ、ボギーなしについては「いつぶりだろうというぐらいで今年はなかったので、褒めてもいいのかなと思います」と自身に及第点を与えた。要因については「ショットが良かったからボギーを打つ要素がなかったというか、ロングパットといっても10メートルないくらい。危なげないというか、ボギーを打つ要素がない今日1日だったかなと思います」と振り返った。

 9番ではお菓子のチョコボール・抹茶味やグミを食べるなど、“もぐもぐタイム”も全体で6回取った。「意識的に食べたところもあるんですけど、お腹が空きすぎて耐えきれないときに食べていました。お腹が空いて集中力が減りますし、私はリズムが早くなるというのがあって、そういうのを1日目、2日目で感じた部分があった」と意図を明かした。

 10月途中まで欧米を転戦し、先週に続いて今大会が国内復帰2戦目。更なる進化を目指し、試行錯誤が続く中にあるが「練習ラウンドからショットの調子が良くないなと思っていて、スイングも若干違和感がある中、この3日間縦距離も考えながらやって、違和感のショットがでなかったというか、むしろ良くこの違和感のなかで頑張っていたなと思います。そこをすごくプラスに考えています」と収穫もあげていた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集