[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「相手を黙らせるスピードがある」 米記者が重ねた伝説の名王者は?

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は米ラスベガスでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちを収めた。現地での評価もうなぎ上り状態だが、米記者は井上をパウンド・フォー・パウンド(PFP)最強と呼ばれた元4階級王者のロイ・ジョーンズJr.(米国)と重ね合わせ評価している。

井上尚弥の現地での評価もうなぎ上りだ【写真:Mikey Williams】
井上尚弥の現地での評価もうなぎ上りだ【写真:Mikey Williams】

ロイ・ジョーンズJr.の名前を出して絶賛

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は米ラスベガスでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちを収めた。現地での評価もうなぎ上り状態だが、米記者は井上をパウンド・フォー・パウンド(PFP)最強と呼ばれた元4階級王者のロイ・ジョーンズJr.(米国)と重ね合わせ評価している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 鮮やかなカウンターでマロニーを沈めた井上。現地メディア、記者からも様々な賛辞が並んでいたが、米ボクシングライター協会会員のジミー・トービン氏は伝説の名王者を彷彿とさせると評している。

 米専門メディア「ハンニバル・ボクシング」に寄稿したトービン氏。「ナオヤ・イノウエのたくさんの人へのワクワクするギフト」と題した記事の中で、井上を手放しで絶賛している。

「見掛け倒しのスピードではなく、スリリングなスピードだ。手と足のスピード、肩と腰のスピード、それが相手を黙らせるためのものだが、イノウエはそれを持っている」

 スピードを高く評価した上で、元PFPキングと重ね合わせている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集