[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、7回KO勝ちで鮮烈ベガスデビュー! カウンターの右一閃で359日ぶり勝利

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回KO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われ、WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。井上の戦績は20勝、マロニーは21勝2敗となった。

7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】
7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】

井上尚弥VSマロニー、359日ぶりの試合はファイトマネー破格1億円

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回TKO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われ、WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。井上の戦績は20勝、マロニーは21勝2敗となった。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 井上が勝利を飾った。上下のコスチューム、グラブも全て金色に統一して登場。初回からジャブを出しながら牽制した。キレのある動きでマロニーのパンチを回避。カウンターで右ストレートを当てるなど上々の滑り出しを見せた。2回は手数を増やすマロニー。しかし、井上が強いジャブでじりじりと圧力をかけ、相手を後退させた。

 隙のないスタイルで盤石の試合運びを見せる井上。3回には右アッパーを当ててダメージを与えると、マロニーは接近戦に持ち込もうと体を寄せた。4回、井上はワンツーから得意の左ボディーを披露したが、マロニーも応戦する。無観客で両陣営の声が響いたリング。5回、井上はロープ際で右フックを被弾したが、ラウンド終盤にはタイミングよく右のショートを当てて確実にダメージを与えた。

 マロニーの顔は赤く腫れていく。試合が大きく動いたのは6回だ。井上は相手のジャブに対し、カウンターで強烈な左フックを顎に着弾。尻もちをつかせてこの日最初のダウンを奪った。再開後もマロニーは足を使うが、両者のスピード差は歴然。試合が決したのは7回だ。井上がカウンターで右ストレートを一閃。膝から崩れ落ちたマロニーは立ち上がることができず、2度目のダウンで試合終了となった。

 井上はスーパーフライ級王者時代の2017年9月、カリフォルニア州でアントニオ・ニエベス(米国)に6回終了TKO勝ちして米国デビュー。ラスベガスは今回が初めてだった。ファイトマネーは軽量級では破格の1億円。世界的に評価が高まる中、本場で勝利を手にした。

 昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちして以来、359日ぶりの試合。ドネア戦後に米興行大手・トップランク社とプロモート契約を結んだ。今年4月25日にWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。

 29歳のマロニーは2018年10月、WBSS初戦で前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に判定負けしたのがプロ唯一の黒星だったが、悲願の世界王座奪取とはならなかった。

 試合後のインタビューで井上は「今日、フィニッシュのパンチは凄く納得いく形で終わりました。マロニー選手は凄くガードも固くてテクニックがある。日本で練習してきたパンチを試合で出せて凄くホッとしています」と振り返っていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集