[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 女子GPファイナルへの切符は残り1つ 暫定6位の樋口新葉、初の大舞台出場への条件は

女子GPファイナルへの切符は残り1つ 暫定6位の樋口新葉、初の大舞台出場への条件は

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・スケートアメリカが24日に開幕する。1か月以上に及ぶGPファイナル出場権を懸けた戦いもついに最終戦。“頂上決戦”への切符はすでに6枠中5枠が決まっているが、果たして最後の切符を手にするのは――。

メドベージェワ、ザギトワら5名の出場が決定…残る1枠を樋口ら3人で争う

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・スケートアメリカが24日に開幕する。1か月以上に及ぶGPファイナル出場権を懸けた戦いもついに最終戦。“頂上決戦”への切符はすでに6枠中5枠が決まっているが、果たして最後の切符を手にするのは――。

 GPシリーズも6戦のうち5試合を消化。女子では、第1戦・ロステレコム杯と第4戦・NHK杯で優勝を飾った世界女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)、第3戦・中国杯と第5戦・フランス杯と同じく連勝を果たしたアリーナ・ザギトワ(ロシア)が30ポイントでGPファイナルの出場を決めている。

 “二強”に続くのが、ケイトリン・オズモンド(カナダ)、カロリーナ・コストナー(イタリア)、マリア・ソツコワ(ロシア)の3名だ。オズモンドは第2戦・スケートカナダで優勝し、第5戦のフランス杯でも3位。コストナーとソツコワは出場した2大会でいずれも2位と表彰台に立った。3選手はともに26ポイントを獲得し、こちらもGPファイナル出場は決定している。

 現時点で残る一枠の“6番目”は、第1戦で3位、第3戦で2位に入った樋口新葉(日本橋女学館高)。24ポイントでシニア初となるGPファイナル出場の可能性を残しているが、すでに2試合を消化しているため、命運はスケートアメリカに出場するポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)とアシュリー・ワグナー(米国)の結果にゆだねられる。国際スケート連盟(ISU)も、公式ツイッターで樋口ら現在のポイント上位6名を動画付きで紹介するとともに、ラスト1枠の行方に注目している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー