[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「信じられない試合」「本当に刺激的」 王者が演じた名勝負を海外識者が絶賛連発

メキシコで23日(日本時間24日)に行われたボクシングのトリプル世界戦のメイン、WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチは、王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が挑戦者で同級3位カルロス・クアドラス(同)に11回TKO勝ち。ダウンの応酬の死闘は「年間最高試合の候補」との声も上がっているが、エストラーダの次戦には、この日タイトルを防衛したWBA同級王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)との再戦が浮上している。

エストラーダ(右)がクアドラスに11回TKO勝ちをおさめた【写真:Getty Images】
エストラーダ(右)がクアドラスに11回TKO勝ちをおさめた【写真:Getty Images】

エストラーダの次戦相手にはロマゴン浮上

 メキシコで23日(日本時間24日)に行われたボクシングのトリプル世界戦のメイン、WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチは、王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が挑戦者で同級3位カルロス・クアドラス(同)に11回TKO勝ち。ダウンの応酬の死闘は「年間最高試合の候補」との声も上がっているが、エストラーダの次戦には、この日タイトルを防衛したWBA同級王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)との再戦が浮上している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 両者、死力を出し切った名勝負の結末は11ラウンドに訪れた。開始15秒、エストラーダの左が炸裂。クアドラスはロープ際に崩れ落ちたが、立ち上がり再びファイティングポーズ。粘りを見せると、再び両者はリング中央で激しい打ち合いを展開。だが優勢なのは王者だ。一気に仕留めようと、ラッシュをしかけ、相手を防戦一方に追い込んでいく。

 耐えるクアドラスだが、エストラーダは逃さない。今度は右が顔面を捉えると、挑戦者は前のめりに崩れ落ちる。ダメージの色は濃いが、再び立ち上がり構えをとるクアドラス。驚くほどの執念だ。最後はエストラーダがとどめの右をヒットさせたところでレフェリーが割って入り、試合をストップした。

 前半から激しく打ち上った両者。クアドラスも3回に先にダウンを奪っていた。最後はエストラーダの底力が上回った格好だが、屈指の名勝負にボクシングファンだけでなく、関係者からも称える声が上がっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集