[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メドベージェワ、右足骨折が発覚 海外メディアもGPファイナルへの影響を懸念

メドベージェワ、右足骨折が発覚 海外メディアもGPファイナルへの影響を懸念

女子フィギュアスケートの世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)を負傷が襲った。優勝を収めた日本でのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯後にロシアへと帰国し、MRI検査を受けた結果、右足の骨折が発覚。患部をギプスで固定する状態の中、米放送局「NBC」によれば、ドクターストップがかからない限りは12月7日に開幕するGPファイナル(名古屋)には出場する意向だという。

最初の痛みはGPシリーズ第1戦…NHK杯後に母国で受けたMRI検査で発覚

 女子フィギュアスケートの世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)を負傷が襲った。優勝を収めた日本でのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯後にロシアへと帰国し、MRI検査を受けた結果、右足の骨折が発覚。患部をギプスで固定する状態の中、米放送局「NBC」によれば、ドクターストップがかからない限りは12月7日に開幕するGPファイナル(名古屋)には出場する意向だという。

 世界女王がアクシデントに見舞われた。

 メドベージェワは第1戦のロシア大会で2位に15点差をつける圧勝で優勝。初出場となった第4戦のNHK杯でも宮原知子(関大)、本郷理華(邦和スポーツランド)らを破って連勝を飾り、GPファイナル出場を決めた。しかし、ロシアに帰国後、MRI検査を受けたところ、右足に骨折が発覚したという。

 米放送局「NBCスポーツ」は、「エフゲニア・メドベージェワが足の負傷でギプスを固定し、戦線離脱」と見出しを打って特集。記事によれば、メドベージェワは10月のGPシリーズ第1戦で最初に右足に痛みを感じていたという。第4戦のNHK杯直前にも痛みを訴えていたが、大会には出場。GPシリーズ連勝でファイナル出場を決めた後、モスクワで検査を受けて今回の負傷が判明した。全治などは明らかになっていないが、現在は患部をギプスで固定しているという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー