[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥の注目度はアンカハス以上? 米熱視線「数年間は見逃してはいけない」

井上尚弥の注目度はアンカハス以上? 米熱視線「数年間は見逃してはいけない」

ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は、12月30日に横浜文化体育館で同級7位ヨアン・ボワイヨ(フランス)と7度目の防衛戦に臨む。来年2月に米国で計画されている「Superfly2」への参戦も期待されるが、米メディアはその圧倒的な強さについて「ボクシンググローブを着けた誰が相手でも、イノウエの今後数年の試合は見逃してはいけない」と称賛している。

3度目の防衛に成功したアンカハス…専門メディアは「スマートで規律正しい」と評価

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は、12月30日に横浜文化体育館で同級7位ヨアン・ボワイヨ(フランス)と7度目の防衛戦に臨む。来年2月に米国で計画されている「Superfly2」への参戦も期待されるが、米メディアはその圧倒的な強さについて「ボクシンググローブを着けた誰が相手でも、イノウエの今後数年の試合は見逃してはいけない」と称賛している。

「The Monster」の強さが改めて紹介されたのは、意外にも「プリティボーイ」の異名を持つフィリピン人王者の特集記事だった。

 米専門サイト「ボクシングシーン.com」は、「ジェルウィン・アンカハス―旅する男が再びロードに」という見出しで、井上との対戦の可能性も取り沙汰されていたIBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)にスポットライトを当てている。

 フィリピンの英雄マニー・パッキャオが運営するMPプロモーションズに所属するアンカハスは、現地時間18日に北アイルランドで行われたジェイミー・コンラン(英国)とのタイトルマッチで6回KO勝ちを収め、3度目の防衛に成功した。

 それでも、記事では「彼はフィリピンの英雄の座を継承することはないだろう。(パッキャオほど)センセーショナルでなければ、凶暴でも、ランク争いで輝くこともない」と厳しく分析。しかし、その一方で、ファイティングスタイルについては「スマートで規律正しい。技術がしっかりしている」と言及している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー