[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、世界最強ランク2位浮上の快挙 リング誌最新版PFP発表、次戦後に1位浮上も

権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)を20日に更新。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が1つ順位を上げ、世界2位に入る快挙を達成した。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

前回3位からカネロに次ぐ堂々2位、マロニー戦の内容次第で日本人初の1位も

 権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)を20日に更新。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が1つ順位を上げ、世界2位に入る快挙を達成した。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 前回まで3位だった井上は、2位だった世界3団体ライト級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が17日(日本時間18日)にIBF王者テオフィモ・ロペス(米国)に敗れて王座陥落したため、繰り上がった形となった。ロマチェンコは7位に転落した。

 1位はカネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)で動かず。井上は31日(日本時間11月1日)にWBO世界バンタム級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦予定。同誌のランキングは上位選手の試合後に更新されることが多く、カネロがしばらく試合を予定していないため、井上はマロニー戦の内容次第では1位浮上で世界最強の座に就く可能性もある。

 3位はWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)。ロマチェンコを倒したロペスは10位圏外から6位に入り、10位だった6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)はトップ10から姿を消した。

 PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。井上は昨年5月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦で259秒KOを演じた後、自己最高で日本人初の4位に浮上。同11月の5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との決勝後には3位に入っていた。

【リング誌最新版PFPトップ10】順位右の()内は前回順位

1位(1) サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)
2位(3) 井上尚弥(日本)
3位(4) テレンス・クロフォード(米国)
4位(5) オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
5位(6) エロール・スペンスJr.(米国)
6位(10位圏外) テオフィモ・ロペス(米国)
7位(2) ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
8位(7) ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)
9位(8) ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
10位(9) アルツール・ベテルビエフ(ロシア)

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集