[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 冷めない「11秒の衝撃」― 一撃失神に海外ファンも唖然「最速ノックアウトマンだ」

冷めない「11秒の衝撃」― 一撃失神に海外ファンも唖然「最速ノックアウトマンだ」

 ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチは、王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)がシボニソ・ゴニャ(南アフリカ)にタイトル戦史上最速の11秒でKO勝ち。衝撃の瞬殺を仏メディア「レキップ・チャンネル」が「ゾラニ・テテが迅速なKO勝ち」と動画付きで紹介するなど話題を呼んでいたが、世界のファンも「まさに野獣だ」「興奮はいまだに冷めない」「最速ノックアウトマン」と驚嘆している。

世界最速の「11秒のKO劇」、海外ファンも反響「まさに野獣だ」「興奮はいまだ冷めない」

 ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチは、王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)がシボニソ・ゴニャ(南アフリカ)にタイトル戦史上最速の11秒でKO勝ち。衝撃の瞬殺を仏メディア「レキップ・チャンネル」が「ゾラニ・テテが迅速なKO勝ち」と動画付きで紹介するなど話題を呼んでいたが、世界のファンも「まさに野獣だ」「興奮はいまだに冷めない」「最速ノックアウトマン」と驚嘆している。

 あの衝撃は、いまだ冷めないようだ。海外のファンにも興奮は広がっている。

 事件は18日の試合で起きた。WBOタイトル戦。1回だった。試合開始のゴングが鳴る。王者テテは右手で十字を切り、中央に歩み寄った。そして、ファンの心も準備もまだできない、開始5秒。ゴニャの右ジャブを軽くいなした次の瞬間、一瞬の隙を突き、強烈な右フックを顎に見舞った。

 すると、ゴニャは仰向けに倒れ、焦点を失った目で失神。レフェリーが確認に入ると、続行不可能と判断し、KO勝ちが下った。時計は残り2分49秒。すなわち開始11秒でKOが成立した瞬間だった。この日、最初のパンチで試合は決着。コーナーに戻っていたテテは表情一つ変えず、汗すらかかず、涼しげな表情。リングに飛び込み、抱擁を交わした陣営の方がむしろ大興奮だった。

 目を離していたら見逃してしまう11秒のKO劇。「レキップ・チャンネル」は「ゾラニ・テテがシボニソ・ゴニャに迅速なKO勝ち」と公式ツイッターに動画付きで紹介し、海外メディアも「衝撃的な世界新記録」「獣のような11秒のKO劇」などと各国がこぞって取り上げていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー