[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

波乱の4団体統一戦 ロマチェンコ敗北の大差採点に米紛糾「冗談だろ」「デタラメ」

ボクシングのIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。下馬評を覆す番狂わせを起こし、史上5人目となる4団体統一の快挙を達成。今年最大級のビッグマッチを制したが、最強王者ロマチェンコの陥落となった大差の採点に米ファンは「ロペスも困惑した」「冗談だろ」などと紛糾している。

テオフィモ・ロペス(右)がワシル・ロマチェンコを破り、4団体統一の快挙を達成した【写真:Getty Images】
テオフィモ・ロペス(右)がワシル・ロマチェンコを破り、4団体統一の快挙を達成した【写真:Getty Images】

今年最大級のビッグマッチ、119-109の採点に米ファン異論

 ボクシングのIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。下馬評を覆す番狂わせを起こし、史上5人目となる4団体統一の快挙を達成。今年最大級のビッグマッチを制したが、最強王者ロマチェンコの陥落となった大差の採点に米ファンは「ロペスも困惑した」「冗談だろ」などと紛糾している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ロペスの下剋上だった。停滞した展開からボディーを打つロペスに対し、ロマチェンコは小まめにパンチを当てていった。7回頃から試合が動き出し、8回にはロマチェンコが距離を詰めて手数を増やした。小刻みに動いてパンチをかわし、左右の拳を当て返す。しかし、ロペスもなんとか応戦した。判定は116-112、119-109、117-111の3-0で決着した。

 米興行大手・トップランク社公式インスタグラムは、試合後にロペスが涙を流して喜ぶ姿の動画などを公開。コメント欄には米ファンからロペスを祝福する言葉が相次いだ一方、大差の採点に異を唱えるコメントも多く集まっている。

「どっちが勝ってもおかしくなかったが、質で上回っていたのはロマ」
「レフェリーにいくら払ったんだ? 119-109?」
「ボクシングのジャッジがいかに歪んでいる思い知った」
「スコアはデタラメ。正しくは116-114だ」
「119-109はよくない」
「このスコアカードは信じられない。ただ、よくやった」
「ロペス本人も困惑してた。この採点はジョークだろ。これはスポーツ界、ボクシング界への冒涜」

 米スポーツ専門局「ESPN」のレポーターも、ロペス勝利を支持しながらも119-109の大差採点に対し「馬鹿げている」などとSNSにつづった4団体統一戦。今年最大級のビッグマッチは試合後も熱を帯びているようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集