[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロマチェンコ陥落の波乱 大差採点に米記者異論「119-109は馬鹿」「終盤はロマ勝利」

ボクシングのIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。下馬評を覆す番狂わせを起こし、史上5人目となる4団体統一の快挙を達成。今年最大級のビッグマッチを制したが、119-109の大差採点に米記者は「119-109は馬鹿げている」と異論を唱えている。

テオフィモ・ロペス(右)がワシル・ロマチェンコを破り、4団体統一の快挙を達成した【写真:Getty Images】
テオフィモ・ロペス(右)がワシル・ロマチェンコを破り、4団体統一の快挙を達成した【写真:Getty Images】

今年最大級のビッグマッチ

 ボクシングのIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。下馬評を覆す番狂わせを起こし、史上5人目となる4団体統一の快挙を達成。今年最大級のビッグマッチを制したが、119-109の大差採点に米記者は「119-109は馬鹿げている」と異論を唱えている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ロペスが番狂わせを起こした。停滞した展開からボディーを打つロペスに対し、ロマチェンコは右フックなどを当てる。8回にはロマチェンコが距離を詰めて手数を増やした。小刻みに動いてパンチをかわし、逆に左右の拳を当て返した。しかし、ロペスも飛び込んでパンチを当てにいった。判定ながらロペスが主要4団体全てのベルトを手にした。

 判定は116-112、119-109、117-111の3-0だった。試合後、米スポーツ専門局「ESPN」でレポーターを務めるキャメロン・ウルフ氏は、自身のツイッターに「テオフィモ・ロペスが勝利に値した。しかし、ボクシングには新しいスターが生まれた。テイクオーバー(ロペスの愛称)ここにあり。P4PのNo.1に対し、非常に強力なパフォーマンスを見せた」と投稿。ロペス勝利を評価したが「119-109は馬鹿げている」と大差採点には異論があるようだ。

 さらに米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のマイク・コッピンガー記者もツイッターを更新。「ジュリー・レーダーマンは119-109のスコアだった。彼女が別のタイトルマッチをジャッジすべきかどうかは分からない。ロマは確実に8、9、10、11回を勝利していた」と記した。後半はロマチェンコがポイントを奪ったと異議を唱えているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集