[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドジャース投手、敵に“投げキス行為”で一触即発 米賛否「この喜び方は許せない」

米大リーグのプレーオフ、ナ・リーグ地区シリーズ第2戦はドジャースがパドレスに6-5で競り勝ち、2連勝。地区シリーズ突破に王手をかけた。この試合、中堅手のベリンジャーが本塁打性の打球を“強奪”するスーパーキャッチを披露し、話題を呼んだが、直後に投手が行ったパフォーマンスが挑発と受け取られ、一触即発の事態に。米記者が実際の様子を動画付きで公開し、「これは許せない」「何か問題でも?」と賛否が分かれている。

ドジャース・ベリンジャーのスーパーキャッチに興奮したグラテロルの行動が物議を醸している【写真:AP】
ドジャース・ベリンジャーのスーパーキャッチに興奮したグラテロルの行動が物議を醸している【写真:AP】

味方の超美技に興奮、グラテロルのパフォーマンスにマチャドが怒り

 米大リーグのプレーオフ、ナ・リーグ地区シリーズ第2戦はドジャースがパドレスに6-5で競り勝ち、2連勝。地区シリーズ突破に王手をかけた。この試合、中堅手のベリンジャーが本塁打性の打球を“強奪”するスーパーキャッチを披露し、話題を呼んだが、直後に投手が行ったパフォーマンスが挑発と受け取られ、一触即発の事態に。米記者が実際の様子を動画付きで公開し、「これは許せない」「何か問題でも?」と賛否が分かれている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 スーパーキャッチの興奮が思わぬ空気を呼んだ。ドジャース1点リードの7回2死一塁、パドレスの若き主砲・タティスJr.が中堅バックスクリーン方向へ大きな当たりを放った。これを中堅手のベリンジャーが背走し、フェンス際でジャンプ一番。触れなければ、逆転2ランになっていただろう打球を捕球。超ファインプレーでチームを救ったのだ。

 これに誰よりも感情を爆発させたのが、マウンドのグラテロルだった。帽子とグラブを自軍ベンチの方向に放り投げると、相手ベンチに向かって投げキスのポーズ。これに元ドジャースで次打者だったマチャドは怒りを露わにしたが、グラテロルはお構いなし。ドジャースの選手たちもベンチ前で威嚇するように、マチャドらに向かって睨みを利かせていた。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のダニー・ヴィエッティ記者は実際のシーンをツイッターに投稿。「ブラスダー・グラテロルは完全にはしゃいでいた。帽子を投げ、グラブを投げた。彼はチームメートとチームに対して興奮している。この光景は好きだが、彼はマチャドに投げキスをした。これはやりすぎだ。この両チームにはしこりが残っただろう。面白くなってきた」と状況を説明し、苦言を呈した。

 これにファンも反応。「パドレスはかなり怒っているだろう」「この喜び方は許せない」「せっかくの良いプレーが」「子供がプレーしているのか?」「リスペクトがない」という否定的な意見がある一方で「プレーオフなんだから熱くなるよ」「何か問題でも? ソーシャルディスタンスのキスだろ」「じゃあマチャドのバット投げは問題じゃないの?」「マチャド、落ち着けよ」と擁護する声もあった。

 不穏なムードが生まれた一戦だったが、ドジャースが逃げ切り、2連敗のパドレスは後がなくなった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集