[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全仏で“超長時間試合”頻発 タイブレーク有無に海外議論「テニスの一部」「危険」

テニスの4大大会、全仏オープンで頻発している“超長時間試合”が注目を集めている。現地時間1日には男子シングルス2回戦、世界ランク11位デニス・シャポバロフ(カナダ)―101位のロベルト・カルバレス・バエナ(スペイン)の一戦が5時間超え。同9月28日に行われた1回戦では6時間超えの試合も発生した。最終セットにタイブレークを設けない全仏ならではの大激戦だが、ATPは公式SNS上でこのルールの是非についてファンに質問。海外からは「長いのもテニスの一部」「選手たちにとっては危険」などと賛否の声が上がっている。

男子シングルス1回戦で6時間5分の死闘を制したロレンツォ・ジュスティーノ【写真:AP】
男子シングルス1回戦で6時間5分の死闘を制したロレンツォ・ジュスティーノ【写真:AP】

全仏の“タイブレークなし”についてATPがファンに問いかけ

 テニスの4大大会、全仏オープンで頻発している“超長時間試合”が注目を集めている。現地時間1日には男子シングルス2回戦、世界ランク11位デニス・シャポバロフ(カナダ)―101位のロベルト・カルバレス・バエナ(スペイン)の一戦が5時間超え。同9月28日に行われた1回戦では6時間超えの試合も発生した。最終セットにタイブレークを設けない全仏ならではの大激戦だが、ATPは公式SNS上でこのルールの是非についてファンに質問。海外からは「長いのもテニスの一部」「選手たちにとっては危険」などと賛否の声が上がっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 是か非か。全仏では連日死闘が繰り広げられている。シャポバロフとカルバレス・バエナの一戦は5時間に及んだ。さらに28日の1回戦、ロレンツォ・ジュスティーノ(イタリア)―コランタン・ムーテ(フランス)の試合はなんと6時間5分を記録。両者は第5セットだけで34ゲームをプレーした。

 他にも、同27日のフアン・イグナシオ・ロンデロ―フェデリコ・デルボニス(ともにアルゼンチン)戦は4時間54分、ユーリ・ロディオノフ(オーストリア)―ジェレミー・シャルディー(フランス)戦は4時間36分、同29日のテニーズ・サンドグレン(米国)―ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)戦は4時間31分と長時間の激戦が頻発している。

 この事態に、ATP公式ツイッターはこれら5試合の試合時間を紹介し、「全仏オープンのタイブレークのない第5セット。賛成? それとも反対?」とつづってファンに問いかけた。海外ファンからは「長く観戦出来て嬉しい。長いのもテニスの一部」「これこそグランドスラムのトーナメント!」「ソフトになる必要はない。これは戦いなんだ」「テニス好きとしては賛成」などと肯定的な意見が上がった。

 しかし、その一方で「観戦する方は面白いかもしれないけど、現在の天候なども考えれば選手たちにとっては危険だ」「テニスは大好きだけど、選手たちが苦しむよね」「タイブレークにもドラマがあるんだ!」「そろそろタイブレークを導入する時間だ」などと否定的な意見も見られた。

 全仏オープンは4大大会で唯一最終セットのタイブレークを設けていない。明日3回戦に挑むカルバレス・バエナを除き、死闘を勝ち抜いた4選手はいずれも次のラウンドで敗退している。今後のルール変更はあるだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集