[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生祥秀、10秒27で決勝進出 全体トップは多田、ケンブリッジ、小池ら順当に通過

東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権初日が1日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、男子100メートルでは多田修平が全体トップの10秒23、ケンブリッジ飛鳥も同タイムの10秒23、桐生祥秀は10秒27で2日の決勝に進出した。コロナ禍で6月に開催予定だった今大会。秋の日本一決定戦で東京五輪に向けて弾みをつける。

10秒27で決勝進出を決めた桐生祥秀(左から2人目)【写真:奥井隆史】
10秒27で決勝進出を決めた桐生祥秀(左から2人目)【写真:奥井隆史】

日本選手権が開幕

 東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権初日が1日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、男子100メートルでは多田修平が全体トップの10秒23、ケンブリッジ飛鳥も同タイムの10秒23、桐生祥秀は10秒27で2日の決勝に進出した。コロナ禍で6月に開催予定だった今大会。秋の日本一決定戦で東京五輪に向けて弾みをつける。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 小池祐貴は10秒28、飯塚翔太は10秒29だった。2013、18年覇者の山縣亮太と17、19年覇者のサニブラウン・ハキームは欠場している。

 全体3位で決勝進出の桐生はレース後のインタビューで「スタートで思い切りこけちゃった。焦らずにいけたのはよかった。決勝はまた明日なんで、今日は今日で、明日の決勝で勝負したい。ギア上げるのが変な感じだったので、直したい。スタートからの流れがしっかり行けば優勝できる。優勝目指して頑張ります」と話している。

【近年の日本選手権男子100メートル優勝者】
2013年、山縣亮太、10秒11(+0.7)
2014年、桐生祥秀、10秒22(+0.6)
2015年、高瀬慧、10秒28(-0.9)
2016年、ケンブリッジ飛鳥、10秒16(-0.3)
2017年、サニブラウン・ハキーム、10秒05(+0.6)
2018年、山縣、10秒05(+0.6)
2019年、サニブラウン、10秒02(-0.3)

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集