[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

出した右足が生んだ珍ゴール 奇跡の“スコーピオン弾”に驚愕「年間ベストゴール」

海外サッカー、米2部リーグに相当するサッカーUSLチャンピオンシップで生まれた“珍ゴール”が話題だ。9月30日(日本時間1日)に行われたベスレヘム・スティール―ハートフォード・アスレチックの一戦。試合終了間際にベスレヘムのGKの一瞬の油断から驚きの決勝点が生まれた。同リーグ幹部が動画を公開すると、「文句なしにアメージング」「年間ベストゴールだ」などと衝撃が広がっている。

米2部で生まれた珍ゴールが話題を呼んでいる(画像はニコラス・マレー氏のツイッターより)
米2部で生まれた珍ゴールが話題を呼んでいる(画像はニコラス・マレー氏のツイッターより)

終了間際の“珍決勝点”にファンも驚き「文句なしにアメージング」

 海外サッカー、米2部リーグに相当するサッカーUSLチャンピオンシップで生まれた“珍ゴール”が話題だ。9月30日(日本時間1日)に行われたベスレヘム・スティール―ハートフォード・アスレチックの一戦。試合終了間際にベスレヘムのGKの一瞬の油断から驚きの決勝点が生まれた。同リーグ幹部が動画を公開すると、「文句なしにアメージング」「年間ベストゴールだ」などと衝撃が広がっている。

【注目】久保建英、南野拓実らが本格開幕! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

“奇妙なゴール”が生まれた。2-2の同点で迎えた試合終了間際の後半44分だ。ハートフォードは左サイドから中央へアーリークロスを入れるも、これは直接GKミシェル・ブドラーのもとへ。ボールをキャッチしたブドラーは、すぐさま味方選手へスローイングした。次の瞬間だ。

 ブドラーの目の前に立っていたハートフォードのMFダニー・バレラが右足を出すと、なんとボールが直撃。かかとあたりに当たったボールは大きな弧を描いてゴールへ向かう。急いで戻ったブドラーの努力もむなしくそのままネットへ吸い込まれた。

 バレラさえも、まさかと驚いた様子で立ち尽くした珍ゴール。同リーグのコミュニケーション部門アソシエイトディレクターのニコラス・マレー氏が自身のツイッターに「これは、私の知る限りでは今季の最も奇妙なゴールだ。そしてハートフォード・アスレティックがグループF首位になるチャンスをキープしてくれるものかもしれない」とつづって実際の映像を公開。すると、目の当たりにしたファンからは驚きの声が相次いでいる。

「文句なしにアメージング」
「ゴール・オブ・ザ・ウィーク」
「これは本当に珍しい。似たようなの見たことあるけど、かかとボレーというひねりが加わったのは初めて見た」
「年間ベストゴールだ」
「なんてこった」

 このラッキーなゴールを守り切ったハートフォードがこのまま勝利。グループFの首位に立った。一方、ベスレヘムは貴重な勝ち点1を落とし同グループ4位に沈んでいる。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集