[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“本家”ガットゥーゾも衝撃!? “乱入者”がタックル&転倒も… 世界が笑顔のなぜ

“リアル闘犬”出現に驚きと笑いも、最後は“退場”…しっぽはついに垂れ下がる

 かつて「闘犬」と言われた元イタリア代表ガットゥーゾもびっくりの“リアル闘犬”。スタジアムは驚きと笑いで騒然とした。しかし、次の瞬間、レフェリーの笛が……。プレーはいったん止められ、苦笑いで立ち上がったサンチェスに捕まり、あえなく“退場”に。体を抱えられ、身柄を関係者に渡されると、あんなに揺れていたしっぽもいつの間にか垂れ下がってしまっていた。

 一連のシーンをFOXスポーツアジアは公式インスタグラムに動画付きで紹介。「誰が犬を放ったんだ? アルゼンチンの試合で選手が犬にボールをとられる」と笑顔の顔文字付きでつづったが、映像を見ると、完全に背後からタックルしており、本来なら“悪質タックル”。ファンから「レフェリー、イエローカード!」とユーモアたっぷりなコメントも上がっていた。

 さらに、英紙「ザ・サン」も「アルゼンチンでの試合で、犬がピッチへ侵入し選手にタックル」と特集。「愉快なことに、アルゼンチンでのサッカーの試合中に雑種犬が乱入し、選手からボールを奪い、さらに試合終盤に再びピッチへ戻るということが起き、サッカー選手達を押し抜ける注目を集めた」と紹介している。

 しかし、試合は「この一件から立ち直った」(ザ・サン)というコルドバがラス・パレハスに1-0を勝利。Jリーグ、日本代表の試合では到底、お目にかかれず、何かと“乱入者”の多い南米ならではのシーン。予期せぬ展開にも動揺することなく、戦い抜いたコルドバの選手もお見事だった。

1 2 3
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集