[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロが“V3ボディー”披露 テテ戦以上の調整にトレーナー自信「爆発性が増した」

ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は、26日(日本時間27日)に米コネチカット州アンカスビルで同級11位デューク・ミカー(ガーナ)と3度目の防衛戦を行う。25日(同26日)には両者とも前日計量をパス。WBO公式インスタグラムは仕上がった肉体の画像を公開し、カシメロのフィジカルトレーナーも太鼓判を押している。

ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

カシメロがミカーとともに前日計量パス、仕上がった肉体とは…

 ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は、26日(日本時間27日)に米コネチカット州アンカスビルで同級11位デューク・ミカー(ガーナ)と3度目の防衛戦を行う。25日(同26日)には両者とも前日計量をパス。WBO公式インスタグラムは仕上がった肉体の画像を公開し、カシメロのフィジカルトレーナーも太鼓判を押している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 カシメロはリミット122ポンド(53.5)を下回る117.75ポンド(約53.41キロ)、ミカーは117.25ポンド(約53.18キロ)でパス。WBO公式インスタグラムは計量後にポーズをとった両者の画像を公開した。カシメロの上半身の筋肉は盛り上がり、たくさんのタトゥーを披露している。

 カシメロのコンディションは非常に良いようだ。米専門メディア「ボクシングシーン.com」によると、カシメロのフィジカルトレーナーを務めるメモ・エレディア氏も仕上がりに「状態はとても良い」と手応えを口にしている。

 暫定王者だったカシメロは2019年11月、WBO正規王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)との一戦で団体内の王座を統一。エレディア氏は当時もカシメロのフィジカルトレーナーを担当していた。記事では「テテに勝った時も良いキャンプだったが、その時より状態は良い。より手の込んだトレーニングをすることができた。そのことにより、強さと爆発性が増したんだ」とつづられている。

 4月に対戦予定だったWBAスーパー&IBF王者井上尚弥(大橋)との3団体統一戦が延期となった末に臨む一戦。試合日程がなかなか決まらない状態が続いていた。充実のキャンプを過ごしたようだが、エレディア氏によれば「イノウエとの戦いが延期になった時は、彼は少しガッカリしていた。我々にとっても精神的にキツいことだった」と説明。新型コロナウイルス禍の調整は簡単ではなかったようだ。

 さらに同氏は「彼はこの試合に勝利し、良い選択肢が得られるだろう。彼は12月か1月に再び戦うだろう」と早くも次の試合にも視線を向けているようだ。カシメロが勝てば、暫定王座の記録を含めて3度目の防衛となる。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集