[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コストルナヤ、新フリー振り付けは羽生も担当のボーン氏 皇帝は4回転習得にも意欲

フィギュアスケートの19年グランプリ(GP)ファイナル女王の17歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)はエフゲニー・プルシェンコ氏に師事し、新シーズンへ向けて備えている。プルシェンコ氏はロシアフィギュアスケート連盟の公式サイトのインタビューで、コストルナヤの現状についてコメントしている。

アリョーナ・コストルナヤ【写真:AP】
アリョーナ・コストルナヤ【写真:AP】

今季から師事するプルシェンコ氏がロシア連盟のインタビューでコメント

 フィギュアスケートの19年グランプリ(GP)ファイナル女王の17歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)はエフゲニー・プルシェンコ氏に師事し、新シーズンへ向けて備えている。プルシェンコ氏はロシアフィギュアスケート連盟の公式サイトのインタビューで、コストルナヤの現状についてコメントしている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 12、13日に開催されたテストスケートではSPは出場したが、フリーは欠場したコストルナヤ。フリーは未完成だったようで、プルシェンコ氏は「アリョーナが我々のところに来てからこれほどの短い期間で(SPとフリーの)2つのプログラムを準備して披露するというのは現実的ではありません。時間があまりありませんでした」と話している。

 今季のフリーの振付はシェイ・リーン・ボーン氏が担当。羽生結弦(ANA)の「Origin」の振り付けも担当する人気振付師から、遠隔での指導を受けているようだ。

「フリーはシェイ・リーン・ボーン氏がスカイプを使ってリモートでやりました。シェイ・リーン・ボーン氏とプログラムを作ってみるのは私のアイデアでした、私は彼女にすぐに連絡を取りました。ずっと以前から知り合いで、彼女は喜んで引き受けてくれました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で直接指導はできず、遠隔での指導を余儀なくされました。しかし、すべての制限が解除された時、私たちは彼女をモスクワに必ず招待しようと思います」

 コストルナヤがプルシェンコ氏のもとに移籍してきたのは8月。現状については「アリョーナは今のところプログラムでダブルアクセルを跳んでいます。彼女が我々のところに来てまだ日が浅いからです。その上、彼女には怪我もありました、リスクを冒す意味はありません。まだシーズンは始まったばかりです。テストスケートの後にトリプルアクセルを準備し、フリーを仕上げて、シーズンに入ります」と話している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集