[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16歳トルソワは3Aも習得間近 皇帝は努力に感嘆「練習を止めなければならないほど」

フィギュアスケートの16歳アレクサンドラ・トルソワは、新たに師事することになったトリノ五輪金メダリスト、エフゲニー・プルシェンコ氏(ともにロシア)のもとで順調に練習をこなし、新シーズンに備えている。13日にはテストスケートに登場し、フリーでは4回転ジャンプを着氷。順調な仕上がりを見せるトルソワに対して、プルシェンコ氏はさらなる4回転ジャンプの投入を示唆している。ロシアフィギュアスケート連盟の公式サイトがインタビューを掲載している。

アレクサンドラ・トルソワ【写真:AP】
アレクサンドラ・トルソワ【写真:AP】

プルシェンコ氏が指導するトルソワについて言及

 フィギュアスケートの16歳アレクサンドラ・トルソワは、新たに師事することになったトリノ五輪金メダリスト、エフゲニー・プルシェンコ氏(ともにロシア)のもとで順調に練習をこなし、新シーズンに備えている。13日にはテストスケートに登場し、フリーでは4回転ジャンプを着氷。順調な仕上がりを見せるトルソワに対して、プルシェンコ氏はさらなる4回転ジャンプの投入を示唆している。ロシアフィギュアスケート連盟の公式サイトがインタビューを掲載している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 プルシェンコ氏は大きな期待をトルソワにかけている。テストスケートでは4回転ルッツで転倒したが、コンビネーションを含む2本の4回転トウループを成功させた。

 同氏はトルソワについて「エレメンツに関してはよく考えます。テストスケートでは物事を急ぐ必要はありませんでした。フリーではサーシャ(トルソワの愛称)は今のところ3度、4回転ジャンプを跳ぶ計画です。トウループを2度とルッツを1度。今後、彼女はサルコーを跳ぶ準備をします。しかしより自信を持ったスタートをする必要があります。3回転アクセルも練習しています。このジャンプはもう跳べようかというところまできています。サーシャ自身もそれを身につけたいと思っていますね。すべてうまくいくように期待しています」と明かしている。

 3本の4回転だけでなく、将来的にはサルコーの投入を視野に入れており、また3回転アクセルも完成間近な様子だ。

 またプルシェンコ氏はトルソワの練習に対する姿勢も高く評価。「サーシャはとても多く練習します。1時間半の氷の上の練習が2回と、追加で他のグループでトレーニングしスケーティングやスピンを練習しています。重要なのは、彼女が、それが必要だと分かっていることです」と話している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集