[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「私はイチローを見ているの?」 ひらりと舞った“忍者走塁”に米驚愕「なんて動き」

米大リーグ・アスレチックスのトニー・ケンプ外野手が16日(日本時間17日)、忍者のような動きでタッチをかわしてホームインし、話題となっている。ロッキーズ戦での軽やかな身のこなしの動画をMLB公式が公開。米ファンからは「私は今イチローを見ているの?」「ジャガーみたいな動きだ」などと反響が寄せられている。

アスレチックスのトニー・ケンプの走塁が話題に【写真:AP】
アスレチックスのトニー・ケンプの走塁が話題に【写真:AP】

アスレチックスのケンプが軽やかにタッチを避けた瞬間が話題

 米大リーグ・アスレチックスのトニー・ケンプ外野手が16日(日本時間17日)、忍者のような動きでタッチをかわしてホームインし、話題となっている。ロッキーズ戦での軽やかな身のこなしの動画をMLB公式が公開。米ファンからは「私は今イチローを見ているの?」「ジャガーみたいな動きだ」などと反響が寄せられている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 鮮やかに避けた。3回無死一、三塁の場面。三塁走者のケンプは、一ゴロで三本間に挟まれた。ランダウンプレーの間、三塁を狙った一走がアウトとなった隙を見て本塁へ突入。送球され、完全にアウトのタイミングだったが、ここで一塁方向へ体をねじり、タッチをギリギリですり抜けてホームに手をついた。

 ヘルメットを飛ばして体を浮かせ、ひらりと舞った28歳のケンプはセーフをアピール。見事に得点を奪い、ガッツポーズを見せた。実際の動画と、タッチを避けた瞬間の画像をMLB公式インスタグラムが公開。文面に「ワーイ!」とつづり、軽やかなプレーに注目している。

 米ファンからは「私は今イチローを見ているの?」「なんて動きだ」「ジャガーみたいな動きだ」「すげぇ」「クレイジーだ」「なんてこった」「どうやったんだ」などと反響が寄せられている。ヤンキース時代のイチローがかつて、捕手のタッチを2度かわしホームにタッチする“忍者生還”を披露したが、当時のプレーが蘇ったファンもいたようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集