[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山、10秒後の奇跡 “時間差バーディー”に米再脚光「神の仕業」「OKなんだよ…ね」

米男子ゴルフのプレーオフシリーズ最終戦「ツアー選手権」は現地時間4日開幕。前週の「BMW選手権」で3位に入った松山英樹(レクサス)は6打差から年間王者の座を狙う。PGAツアーは公式ツイッターで昨年話題を呼んだ“奇跡のパット”に再脚光。カップの縁で停止したボールが10秒後にポトリと落ちる“時間差バーディー”の場面を動画付きで公開すると、米ファンから再び驚きの声が上がっている。

松山英樹【写真:AP】
松山英樹【写真:AP】

昨年のツアー選手権で演じた奇跡的なパットシーンにPGAツアーが再び脚光

 米男子ゴルフのプレーオフシリーズ最終戦「ツアー選手権」は現地時間4日開幕。前週の「BMW選手権」で3位に入った松山英樹(レクサス)は6打差から年間王者の座を狙う。PGAツアーは公式ツイッターで昨年話題を呼んだ“奇跡のパット”に再脚光。カップの縁で停止したボールが10秒後にポトリと落ちる“時間差バーディー”の場面を動画付きで公開すると、米ファンから再び驚きの声が上がっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 昨年の激闘が甦る。初日の7番ホール。松山の約4メートルのバーディーパットはフックラインに乗って、カップへ向かう。入る……と思ったその瞬間。カップの左縁ぎりぎりに止まったのだ。

 バーディーはならずか……、だがドラマはここからだ。ボールは止まっていなかった。1秒、2秒、3秒……10秒後にポトリと落ちた。規定の10秒ギリギリでの奇跡に、ボールを拾い上げた松山も思わず笑顔になった。

 今年のツアー選手権に合わせて、このパットに再び脚光を浴びせたのは、PGAツアーの公式ツイッターだ。「待って……」と文面に記して、当時の動画を投稿。すると米ファンを再び驚かせている。

「絶対にルール規定よりも長く待っていたよ」
「あれはOKなんだよ……ね」
「改めて見ると面白い」
「信じられない! 運が良かったのか、それとも風?」
「風と共に去りぬ」
「神の仕業」

 あと1秒でも過ぎていればバーディーとはならなかったパット。昨年は結局9位タイで終えたが、今季はさらなる上位フィニッシュを期待したい。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集