[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、急浮上の「五輪決勝」再戦 米興行社長が明言「18年に実現させたい」

村田諒太、急浮上の「五輪決勝」再戦 米興行社長が明言「18年に実現させたい」

ボクシングWBA世界ミドル級で、悲願の王者に輝いた村田諒太(帝拳)は、今後の対戦相手に注目が集まっている。そんな中、ロンドン五輪決勝で判定負けを喫したエスキバ・ファルカン(ブラジル)が村田との復讐戦を熱望し、話題になっているが、両者が所属する米興行大手のプロモーション会社社長が「この戦いは2018年に実現させたい」と発言。五輪決戦実現へ加速する可能性が高まっている。ブラジルメディア「エスタダン」が報じている。

ロンドン銀ファルカン戦に加速か、両者が所属するトップランク社社長が注目発言

 ボクシングWBA世界ミドル級で、悲願の王者に輝いた村田諒太(帝拳)は、今後の対戦相手に注目が集まっている。そんな中、ロンドン五輪決勝で判定負けを喫したエスキバ・ファルカン(ブラジル)が村田との復讐戦を熱望し、話題になっているが、両者が所属する米興行大手のプロモーション会社社長が「この戦いは2018年に実現させたい」と発言。五輪決戦実現へ加速する可能性が高まっている。ブラジルメディア「エスタダン」が報じている。

 WBA王者となった世界の「MURATA」は、因縁の男とのリマッチに臨むことになりそうだ。記事によると、所属するトップランク社のトッド・デブーフ社長が注目発言を行っている。

「我々はまだ期日を決めていない。しかし、この戦いを2018年に実現させたいと我々は希望している」

 同社長は、村田VSファルカンを来年マッチメークする意向を明らかにした。実現すれば、2012年のロンドン五輪決勝以来、プロのリングでは初となる。

 相手のファルカンにとって、熱望する一戦だ。ロンドン五輪では判定の末の13-14で惜敗。しかし、米メディアではホールディングの反則で減点されたことについて「あれはフェアじゃない。忘れることは絶対にないだろう。リベンジを果たしたい」と今になって恨み節をぶちまけ、再戦を望んでいることが報じられたばかりだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー