[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子やり投げ・北口榛花、本格練習2か月も“新助走”に迷いなし「このまま突っ走る」

陸上のセイコーゴールデングランプリが23日、東京五輪でも会場となる東京・国立競技場にて無観客で開催される。新型コロナウイルスの感染拡大後、トラック・フィールド種目では初の全国規模の大会。22日には注目選手がオンラインで会見した。女子やり投げ日本記録保持者・北口榛花(JAL)はコロナ禍で完璧な調整ができなかったが、迷いなく挑むことを誓った。

北口榛花【写真:Getty Images】
北口榛花【写真:Getty Images】

23日セイコーゴールデングランプリへ前日会見

 陸上のセイコーゴールデングランプリが23日、東京五輪でも会場となる東京・国立競技場にて無観客で開催される。新型コロナウイルスの感染拡大後、トラック・フィールド種目では初の全国規模の大会。22日には注目選手がオンラインで会見した。女子やり投げ日本記録保持者・北口榛花(JAL)はコロナ禍で完璧な調整ができなかったが、迷いなく挑むことを誓った。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 昨年11月に完成した会場は、来年の東京五輪会場となる聖地。北口は「今季初めての試合が新国立でできることが凄く楽しみ。来年の五輪があるので、会場の雰囲気を感じて試合に臨めたら。地面の固さをチェックすることと、競技場の風の抜け方をしっかり把握したい。日本記録の更新を目標にできる段階ではないですが、精一杯最善を尽くせれば」と力を込めた。

 チェコ人コーチに師事し、昨年10月には66メートル00で日本記録を更新。リオ五輪銀メダル相当の好記録だった。しかし、コロナ禍によって競技場が使えるようになったのは6月。専門的な練習を始めてまだ2か月だ。「試合は決まっていなかったので、ゆっくり練習していました」と明かした。

 まだ内定はしていないが、東京五輪参加標準はすでに突破している。「五輪が延期になって、1年あるからこそ取り組めることにチャレンジしている」と進化の途中だ。助走スピードを上げるために歩数配分の変更に取り組んでいるが、まだ自分のものになっていないようで「数日前に戻した方がいいのではないかと言われたけど、後戻りはできない。元の助走はもう忘れているので、このまま突っ走ろうと思います」と迷いはない。新スタイルで臨む。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集