[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

打者に球種を伝えてから… 200勝右腕の“サインばらし”に米賛否「これは逆騙し?」

米大リーグ、アストロズのザック・グリンキー投手が12日(日本時間13日)のジャイアンツ戦に先発。7回途中1失点で今季初勝利を手にした。この試合で注目を集めているのが、グリンキーの投球前の仕草だ。なんと打者に球種を伝えながらも、空振りを奪うシーンに米メディアが注目。ファンからも「これは逆騙し?」などと驚きの声が上がっている。

ザック・グリンキー【写真:AP】
ザック・グリンキー【写真:AP】

グリンキーの驚き投球術に米メディア注目

 米大リーグ、アストロズのザック・グリンキー投手が12日(日本時間13日)のジャイアンツ戦に先発。7回途中1失点で今季初勝利を手にした。この試合で注目を集めているのが、グリンキーの投球前の仕草だ。なんと打者に球種を伝えながらも、空振りを奪うシーンに米メディアが注目。ファンからも「これは逆騙し?」などと驚きの声が上がっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 圧倒的な自信から来る振る舞いなのか、それとも……。36歳のベテラン右腕が驚きの行動に出た。モーションに入る前にはっきりと指を2本立てて、何かサインを送っている。そして投げたのは外角へのスライダー。これに打者のバットは空を切っている。また口頭でサインを口にしてから投げるシーンもいくつもあったようだ。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」はこのシーンに注目。「アストロズのザック・グリンキー、打者に次投じる球を伝えるも空振りに抑える」と題した記事では、グリンキーの投球術に着目し、こうレポートしている。

「グリンキーは2試合連続でクオリティースタートを記録したが、誰もそんな記録は頭に残らないだろう。むしろ人々はグリンキーがジャイアンツの選手たちに次に投じる球を伝え、しかも抑えたという事実がずっと頭に残るはずだ。試合序盤からグリンキーはサインを口にし、合図をキャッチャーに送っているかのように思えた」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集