[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

審判攻撃のMMA選手 “逆ギレ失格”にUFC代表も怒り心頭「私はその場で解雇する」

海外の総合格闘技(MMA)で選手がレフェリーに拳を向けるシーンへの注目が拡大している。7月31日にUAEのアブダビで行われたアフメド・アルダルマキとボグダン・キリレンコ(ともにUAE)によるフェザー級の一戦。レフェリーストップを無視したアルダルマキが注意を受けると、レフェリーに掴みかかった。これに海外ファンからは「追放願う」「愚か者」などと声が上がっていたが、波紋がさらに拡大。海外記者らからもアルダルマキへの厳しい意見が噴出している。

MMA選手(左)がレフェリーを攻撃し失格となった(画像はスクリーンショットです)
MMA選手(左)がレフェリーを攻撃し失格となった(画像はスクリーンショットです)

審判を2度小突く愚行に批判拡大、ESPN記者「罰金も払うべきだ」

 海外の総合格闘技(MMA)で選手がレフェリーに拳を向けるシーンへの注目が拡大している。7月31日にUAEのアブダビで行われたアフメド・アルダルマキとボグダン・キリレンコ(ともにUAE)によるフェザー級の一戦。レフェリーストップを無視したアルダルマキが注意を受けると、レフェリーに掴みかかった。これに海外ファンからは「追放願う」「愚か者」などと声が上がっていたが、波紋がさらに拡大。海外記者らからもアルダルマキへの厳しい意見が噴出している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 初回だ。マウントをとったアルダルマキは、必死に逃れようとうつ伏せになったキリレンコの首を後ろからホールドした。キリレンコはたまらずタップ。レフェリーのマーク・ゴダード氏はストップをかけたが、アルダルマキは力を緩めない。無理やり腕を解くと、立ち上がったアルダルマキが怒ったようにレフェリーの胸を2度小突いた。

 互いに胸ぐらをつかみ合い、最後はゴダード氏が何か怒鳴りつけ、関係者が制止に入っている。レフェリーに従わなかったことでアルダルマキは失格となった。これに海外メディアのジャーナリストたちも厳しい視線を送っている。

 スウェーデンを拠点に「ロイター」や「BBC」に寄稿するジャーナリスト、フィリップ・オコナー氏は「彼は2度とオクタゴンに足を踏み入れるべきではない」とツイートし一刀両断。米スポーツ専門局「ESPN」のアリエル・ヘルワニ記者もツイッターで「ゴダートによる偉大な仕事ぶり」とレフェリーを称え、一方で「アルダルマキによる卑劣な行為。長すぎるホールドで窒息になりそうだったし、そして審判に手を出した。許せない行為だった。失格になるべきだし、出場停止になって罰金も払うべきだ」と指摘している。

 また米国最大の総合格闘技団体「UFC」のダナ・ホワイト代表もこの試合に言及。総合格闘技専門ニュースサイト「MMAファイティング」によると、「もしどんな立場でも審判や記録員に触れようとしたら、私はその場でそいつを解雇する。このようなことは2度と起こらないだろう」と断言しているという。

 スポーツマンシップからは程遠いアルダルマキの行為には、各方面から厳しい声が上がっている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集