[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界でバズった奇跡弾 伝説の“8秒遅れのPKゴール”に甦る笑撃「現実とは思えない」

世界を驚かせた、あの“8秒遅れのPKゴール”が再び、話題を集めている。17年10月、タイのサッカーでPK戦でクロスバーに当たり、一度はシュートが外れたはずなのに、GKが喜んでいる間にゴールネットを揺れるという仰天ゴールが発生。当時、大きな話題を呼んだ出来事を米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」が動画付きで紹介し、ファンに笑撃が甦っている。

一度はバーにはじかれたボールが…(画像は「スポーツセンター」の公式インスタグラムより)
一度はバーにはじかれたボールが…(画像は「スポーツセンター」の公式インスタグラムより)

3年前にタイで起きた珍プレーに米メディアが脚光「あまり早くに喜んではいけない」

 世界を驚かせた、あの“8秒遅れのPKゴール”が再び、話題を集めている。17年10月、タイのサッカーでPK戦でクロスバーに当たり、一度はシュートが外れたはずなのに、GKが喜んでいる間にゴールネットを揺れるという仰天ゴールが発生。当時、大きな話題を呼んだ出来事を米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」が動画付きで紹介し、ファンに笑撃が甦っている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 この一撃で世界に笑撃が走った。“事件”は国内カップ戦の準決勝PK戦、バンコク・スポーツ・クラブとサトリ・アーントーンの一戦で起きた。

 バンコク・スポーツ・クラブの選手がキッカーに立ち、主審の笛とともに、狙いすまして左足を振り抜いた。サトリ・アーントーンGKの逆を突いたが、ボールはクロスバーに直撃。呆然とするキッカー、対照的に歓喜に沸いたGKは起き上がって大喜びで飛び跳ねながら、ペナルティエリアを飛び出し、仲間へ向かって感情を爆発させた。ところが――。ドラマは急展開を迎える。

 クロスバーに当たったボールは高々と舞い上がっていた。そして、ボールはペナルティスポットに戻ってくるようにしてバウンド。しかし、だ。ボールにバックスピンがかかり、ゴールに向かって弾んだ。すでにGKはエリアを飛び出していた。キッカーもうつむき、視線を落としたまま気づいていない。そこから、2回、3回とバウンドし、ゴールに向かっていく。まさか――。

 スタジアムに「オイ!」「オイ!」と異変を察知した声が響き渡る。すると、キッカーも気づき、思わずボールを指さす。なんとゴールラインを越えていったのだ。遅れて気づいたGKも慌てて戻ったが、間に合わず。一部始終を見守っていた審判は冷静に笛を吹き、ゴールを宣告。今度はキッカーが大喜び。天を仰ぎ、会心のゴールかのように両膝をつき、歓喜に酔いしれていた。

 クロスバーを叩いてからゴールラインを割るまで、8秒かかっていた。“PK史上最遅”とみられるゴールに当然、GKは呆然。スタジアムは騒然とした空気になった。当時もSNS上でバズった一撃を「スポーツセンター」公式インスタグラムが「あまり早くに喜んではいけないという証明」と動画付きで改めて公開した。

 コメント欄では「GKは何かを成し遂げたかのように喜んでいたね」「新しいトリックプレー」「あまり早くに諦めてもいけないよね」「レフェリー、素晴らしいね」「計算済みか」「現実のものとは思えないよ」などとコメントが相次ぎ、米ファンに笑いと驚きが甦っている様子だった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集