[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

波紋の女子最短失神KO 米役員もミスマッチを後悔「試合が7秒で終わるとは…」

ボクシングのWBCシルバーの女子ライトフライ級8回戦(米カリフォルニア)でセニエサ・エストラーダ(米国)がミランダ・アドキンス(米国)に衝撃の7秒KO勝ちを収め、女子史上最短KOが誕生した。歴史的決着の瞬間を海外メディアが続々と動画付きで公開。実力差のあるマッチメークに対して米国のみならず海外でも波紋が広がっていたが、米執行役員も「もしもう1度このような試合が組まれそうになったら、私は承認しないだろう」と後悔を語っているという。米メディアが報じている。

セニエサ・エストラーダ【写真:Getty Images】
セニエサ・エストラーダ【写真:Getty Images】

42歳選手が失神KO負け、米メディアが執行役員の後悔伝える

 ボクシングのWBCシルバーの女子ライトフライ級8回戦(米カリフォルニア)でセニエサ・エストラーダ(米国)がミランダ・アドキンス(米国)に衝撃の7秒KO勝ちを収め、女子史上最短KOが誕生した。歴史的決着の瞬間を海外メディアが続々と動画付きで公開。実力差のあるマッチメークに対して米国のみならず海外でも波紋が広がっていたが、米執行役員も「もしもう1度このような試合が組まれそうになったら、私は承認しないだろう」と後悔を語っているという。米メディアが報じている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 ゴングが鳴り、前に出たエストラーダ。アドキンスのガードの上から強烈なコンビネーションで3発打ち込んだ。最後の左フックが顔面を捉えて足元をぐらつかせると、すかさず連打。左ボディーでガードを下げさせ、顔面にラッシュをかました。そのまま仰向けに卒倒したアドキンス。目が開かず、失神している様子だった。

 試合時間わずか7秒という衝撃の決着。海外メディアは動画付きで報じたが、実力差のあるマッチメークに波紋が広がっていた。米スポーツ専門局「ESPN」のダン・ラファエル記者は自身のツイッターに「文字通りの酷さだった」と投稿した。

 試合についてはロシア放送局「ロシアトゥデー」が「絶望的なミスマッチ」と報じたほか、英紙「テレグラフ」も「まるで子羊対ライオンの戦いでした」と試合解説者のコメントを紹介するなど、米国外でもミスマッチについての報道が続いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集