[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「+5」の大叩き デシャンボーの“必死の訴え”に米注目「競技委員がにやにや笑う」

OBではないと主張「彼はセカンドオピニオンを求めたが…」

 問題のシーンは15番パー5だ。1打目を左の池に入れると、ドロップしたラフからの3打目は右へ抜けてフェンスを越えてしまった。その場で5打目を打ち直すも、またも右のフェンスを越えたようだ。同じ場所から暫定の7打目にも挑戦し、今度はフェンスまで行かずラフ。結局、8オン2パットで「10」を叩いた。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 同サイトなどによると、このホールの途中、3打目のボールがフェンスの真下にあり、デシャンボーはOBではないと訴えた。だが、競技委員はボールがフェンスを越えているためOBと判断。同サイトは「彼はセカンドオピニオンを求めたが、その主張は通らなかった」としている。

 デシャンボーは優勝した2週前の大会以来の出場。初日は1番パー4で423ヤードを飛ばす、驚異的なドライバーショットを披露していたが、安定感を欠いてしまったようだ。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集