[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上、カネロ、ロマらと比較 リング誌記者が“史上最強”と評したボクサーは?

米ボクシング専門誌「リング」選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で三傑に選出されるなど、現在のボクシング界屈指の実力者として評価されているWBAスーパー&IBFバンタム級世界王者の井上尚弥(大橋)。同誌の名物コラムニストはモンスターと呼ばれる男を凌ぐ「史上最強の男」の存在を指摘している。

サウル・アルバレス、井上尚弥、ワシル・ロマチェンコ(左から)【写真:Getty Images】
サウル・アルバレス、井上尚弥、ワシル・ロマチェンコ(左から)【写真:Getty Images】

リング誌のグレイ記者が「最強」に指名したのはメイウェザー

 米ボクシング専門誌「リング」選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で三傑に選出されるなど、現在のボクシング界屈指の実力者として評価されているWBAスーパー&IBFバンタム級世界王者の井上尚弥(大橋)。同誌の名物コラムニストはモンスターと呼ばれる男を凌ぐ「史上最強の男」の存在を指摘している。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 リング誌では50戦全勝を誇る元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザーについて、かつてのPFPトップの実力者と比較する特集を展開している。

 同誌のトム・グレイ記者は「こう言ってもいいだろう。私はパッキャオ、ホプキンス、デ・ラ・ホーヤ、ロマチェンコ、カネロ、モズリー、コット、クロフォード、ウシク、イノウエ、スペンス、ゴロフキン、それと、他大勢のファイターをライブで見てきたが、メイウェザーは実際に見た中で最高。以上」とツイートした。

 昨年11月、埼玉で行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝を現地取材したグレイ記者。井上に加え、6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)や現在のPFP1位のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)という現役の実力者から、引退したレジェンドまで錚々たる名前を上げながらも、50戦全勝のメイウェザーこそが最強と断定していた。

 誰が最強のボクサーなのか? ファンや関係者にとっても永遠の議論ともいえるが、井上もその中の1人として名が挙がる存在になりつつある。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集