[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ソン・フンミンとロリスの“喧嘩” 名将は必要性語る「美しいよ。非常に重要なこと」

6日に行われた海外サッカー、イングランド1部プレミアリーグ第33節で、トットナムの韓国代表FWソン・フンミンとフランス代表GKウーゴ・ロリスが掴み合い寸前の口論となった。海外でも話題となっていた一幕について、名将ジョゼ・モウリーニョ監督は「美しいよ」などと必要性について語ったようだ。英メディアが報じている。

トットナムのジョゼ・モウリーニョ監督【写真:Getty Images】
トットナムのジョゼ・モウリーニョ監督【写真:Getty Images】

口論した2人は控室で仲直りしていたことも明かす

 6日に行われた海外サッカー、イングランド1部プレミアリーグ第33節で、トットナムの韓国代表FWソン・フンミンとフランス代表GKウーゴ・ロリスが掴み合い寸前の口論となった。海外でも話題となっていた一幕について、名将ジョゼ・モウリーニョ監督は「美しいよ」などと必要性について語ったようだ。英メディアが報じている。

【注目】内田篤人が語る久保建英 「DAZN」番組未公開シーン公開「自分の覚悟は欲しい」

 1-0で勝利したエバートン戦。前半終了時に事件は起きた。ロッカールームに引き上げようとするソンに対し、ロリスが駆け寄って何やら言葉を浴びせる。これにソンも反応。互いに詰め寄ろうとするところを、チームメートが間に入ってなんとかその場を収めた。

 掴み合い寸前となったこの一件だが、英衛星放送局「スカイスポーツ」は「ジョゼ・モウリーニョ監督、ソン・フンミンとウーゴ・ロリスの喧嘩を『美しい』と語る」と見出しを打って記事を掲載。指揮官が必要な口論だったと考えていることを伝えている。

 同紙によると、試合後の会見でモウリーニョ監督は「控室に戻り、腰を下ろした時にはすべてが終わっていて、2人はハグを交わしていた」と、すぐに仲直りしたことを明かしている。また、こうした“喧嘩”が試合中に起きることについては、こう語っているという。

「美しいよ。もし喧嘩のことで誰かを責めるとしたら、責められるべきは私だ。私は選手たちに大きな責任があり、彼らには互いにもっと要求しあえと伝えている。

 確かに汚い言葉もあっただろう。しかし、それはチームが成長する上で非常に重要なことだ。チームが成長するために、互いに多くを要求する必要があり、強い個人でいなければならないんだ」

 記事ではソンに詰め寄ったロリスも「自分とソンの間で起きたことはサッカーの一部であり、問題はないんだ。ハーフタイム直前、我々はきちんとプレスをかけていなかったから、相手にチャンスを許してしまった。いらついたよ。でも、それもサッカーの一部。問題はない。次に進むよ」と語ったと伝えられている。当事者たちにとっては、必要な出来事だったようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集